向陽高校硬式野球部 | 片桐あきひろオフィシャルブログ
2018年07月08日(日)

向陽高校硬式野球部

テーマ:ブログ

来週から夏の甲子園を目指す和歌山県予選が始まります。

その激励会と予選前の最後の練習試合が組まれているので、向陽高校グラウンドに応援に行ってきました。

堀内監督を始めOBの皆さんが激励に駆けつけていました。

皆さんと一緒に今年のチームの力と特長の話を交わし、ベンチでカレーを食べた後に練習試合を観戦しました。



今日の試合相手は県立和歌山高校で、予選前の最終試合になる両校にとって大切な試合です。

試合前に和歌山高校監督と話をしましたが、「向陽高校は文武両道を達成しているので素晴らしいチームだと思います」と話してくれました。

お互い予選を勝ち抜くことを祈って試合に挑みました。


監督やOBは「今年はシード権を獲得しているので期待して下さい」と話があり、私達も「勝ち抜いて甲子園を目指して下さい」と答えました。

応援力は選手を激励するための大きな力となりますので、県大会予選では現役もOBもみんなの力を集めて応援したいと考えています。


練習試合を観戦したのですが、野球部員の溌剌とした動きは私達に元気を与えてくれるものでした。

他のことを考えないで、この一球に全力で向かう姿はとても教訓となります。


私達は時々、この場面、この現場にいるにも関わらず、この次の予定や明日のことを考えることがあります。

次の予定を考えてしまうと、今この場面が疎かになってしまいます。


今ここに集中することが成果を出すために必要なことですが、時々、そうしない場面があるのです。

野球部の姿は、今ここに集中することを教えてくれているように感じました。



ところで今日の練習試合の二日前から大雨の影響で、野球部員はグラウンドで練習ができていませんでした。

今日試合前の午前9時から二日ぶりに練習を行っています。

そのため体力面での不安がありましたが、練習後は疲れていた選手が「試合は頑張ります」と元気に答えるなど、気持ちが入った試合をしてくれました。


保護者もOBも見守る中、練習試合は進んで行きました。

このグラウンドを取り囲む空気が伝統だと思います。心から応援する人達が学校の伝統を継承しているのです。


応援する力は力強く、温かく、そして優しいのです。

さぁ、来週から甲子園を目指す夏の県予選が始まります。

今年も熱い夏の到来です。

選手の皆さん、監督、コーチ、学校関係者の皆さん。

夏の甲子園を目指しましょう。

片桐あきひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス