陸奥宗光伯生誕174年祭 | 片桐あきひろオフィシャルブログ
2018年07月07日(土)

陸奥宗光伯生誕174年祭

テーマ:ブログ
竈山神社拝殿で「陸奥宗光伯生誕174年祭」が開催されました。


和歌山市内は大雨警報が発令されていましたが、生誕祭は予定通り実施されました。
この式典は内閣府の「明治150年記念」イベントに参加している事業であり、竈山神社の歴史を背景として今年実施すべき式典だと感じています。
陸奥宗光伯は天保15年7月7日に誕生していることから今年が生誕174年を迎えることになります。


病の身をいとわず、自らの命を削って日本を夜明けへと導いてくれた偉人で、その姿は竈山神社の御祭神であり神武天皇の兄である彦五瀬命が国造りのために御命を捧げられて建国の礎となられた姿と重なって見えます。
この偉大な元外務大臣の生誕祭は竈山神社で開催することが相応しいと感じています。

彦五瀬命が建国のために、陸奥宗光伯は新国家建国のために、それぞれ命を賭した活躍をしてくれたことで現代日本があるのです。

和歌山県は建国の礎を築いてくれた人物と、新国家建国を実現してくれた人物にご縁をいただいている県なので、この歴史を知り誇りを持ちたいと考えています。



今日の生誕祭は建国に向けた偉人の魂と志を現代に継承するためのものであり、和歌山県が新しい時代を担うべき一つの県として役割を果たしたいと考えています。


雨天の中、内閣府「明治150年」参加事業に参加してくれた皆さんと共に和歌山県の持つ歴史の意味を感じ合いました。

和歌山県内では内閣府参加事業としての「明治150年」事業は少ないのですが、この生誕祭は大きな意味を持つ式典だと思います。

それは和歌山県知事の代理として海草振興局からも代表者に出席していただき、この式典の意味に重みをつけてくれたことからも分かるものです。



今日の生誕祭を挙行してくれた主催者の皆さん、そして参加してくれた皆さんに感謝しています。

片桐あきひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス