和歌山県の構想 | 片桐あきひろオフィシャルブログ
2018年07月04日(水)

和歌山県の構想

テーマ:ブログ

県議会報告会のために、直近の和歌山県内の主な大きな動きの資料収集と資料作成を行いました。


・和歌山県統合型リゾートの誘致にいて。

言うまでもなく法制化の後に全国で三箇所、候補地が選定されることになります。

和歌山県として立候補を行い、既存の観光資源を活かしながら統合型リゾートと共に和歌山県観光の発展につなげたいと考えています。


・紀淡海峡ルートの事業構想について。

四国と和歌山県を道路と鉄道で結ぶことで第二国土軸となり観光や物流の活発化を図ることになります。

関西空港から新大阪までのルートが完成すれば、和歌山県にとって大きな経済効果を与えることになります。


・白浜空港の民営化と国際線化について。

国際線化を図ることで外国人観光客の増加や首都圏からの観光客の誘致やビジネス拠点づくりにつなげることができます。


・和歌山南スマートインターチェンジの開通を機とした拠点づくりについて。

新しいインターチェンジ周辺のインフラ整備を整えることで物流の拠点になり得ますし、観光客の誘客に大きな効果が期待できます。



以上が主な和歌山県が進めようとしている施策です。

実現に向けて取り組みたいと考えています。

片桐あきひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス