北白川、造形大前の台湾料理バル 六花 | 一乗寺ラーメンとか紀行

一乗寺ラーメンとか紀行

京都市左京区、一乗寺・高野在住の筆者が、ラーメン激戦区のこの地のラーメンを紹介したり、その他のお店や風景をまったりと紹介していきます。


テーマ:

 白川通り、東鞍馬口通り角、上終町(かみはてちょう)と呼ばれる所、東側には京都造形芸術大学のキャンパス、北にはスーパーライフ(昔北白川バッティングセンターのあった所)、ささらには王将や天下一品本店のあるあたりに今年できた台湾料理のお店です。

 

店内はこぢんまりとしていて、20人も入ったら満員かな。

お昼のメニューはとてもリーズナブルです。ルーローハンと餃子を頼みました。1020円です。

 

 ルーローハン、ご飯の上にそぼろと葉物が少し、煮卵が載っています。シンプルな構成ですが、独特の調味料でおいしいです。あと日替わりのスープに小鉢、中華スープにミニサラダ、パイナップル少し。餃子の写真撮り忘れました。6個です。外はカリッと焼けて中はジューシーのおいしい餃子てす。

 

気軽に入れておいしい店で、おすすめです。

 

台湾料理バル 六花(りっか)

075(703)1818

京都市左京区北白川上終町11-2 イーグルコート101

営業時間 11:30-22:00

地図

 

六花台湾料理 / 茶山駅一乗寺駅元田中駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.3

カスミンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス