芦田愛菜ちゃんの才能を占いからみると

 

最近、かなりバタバタしております。

ブログ、更新がんばらねば(>_<)

 

 

今日は、芦田愛菜さんを見てみます。

少し前に「マルモのおきて」の再放送をしていて、

その頃のまなちゃん、とっても可愛かったのですが、

 

今は本当にスマートに成長していて

算命学的にはどうなのかな

と思ったのでみてみようと思います。

 

参考記事

メール占いで子どもにも自分にもOKを出す子育て

 

算命学でみる愛菜ちゃんの子役時代とこれからの道

 

芦田愛菜さん

2004年6月23日生まれ

 

女優をされているので、

表現力の星があるかな~と思ってみたら

やっぱりありました。

 

しかも、幼少期の場所に!

さらに、天極星といって、いわゆる死人の星ですが

何者にでもなれるという

そんな星もあります。

 

彼女の少し変わった星並びを活かすには

子役というのは、すごく適したものだったのだと思います。

 

もしかしたら、お母さんは、それを見越して

まなちゃんを子役に導いたのかな。

 

その母の干もまなちゃんのすぐ隣にぴったりとくっついていて

心の支えとなっていることが分かります。

 

お父さんは、定位置にいるけど

陰陽違いなので、母ほどの影響力はなさそうです。

 

陽占でいうと、火剋金でまなちゃんを剋す関係なので

鍛えてくれる、少し躾に厳しいとかそんな面があるのかな

という印象です。

 

まなちゃんは、

全体的に頭の回転が良い印象を受けます。

日干が知性の水で、

日支の金質から生じられています。

 

自らの学びをどんどん吸収していく人ですね。

 

陽占でも学びの星がキラッと光っています。

 

幼少期、小さい頃は女優で

星を消化していたと思いますが、

これからは、女優とは違った知性や学びを活かす

ステージに変わっていくのだと思います。

 

テレビに出るとしても

もちろん表現することもそうですが、

彼女にとっては、学びを深めるため

もしくは、良き師と出会うための過程となりそうです。

 

行動は、結構分かりやすいのですが、

内面にはかなり複雑な葛藤を抱えやすいですね。

これは、局法からですが、

なかなか努力の成果が出せなかったりするんです。

 

十分に成功しているように見えますが

きっと、その背後には想像を絶する努力が

隠れているのだと思います。

 

また、目の前の現実に満足感を得にくいゆえに

執着心もあまりありません。

 

なので、自分のやりたいことが定まると

あっさり今までのキャリアを変えるということも

あり得ます。

 

彼女自身、どこかで「活字中毒」と言っていたほど

本を読むのが好きみたいですね。

 

きっと、それは彼女の星が導いてくれているのだと思いますが

彼女は良き師を見つけて、興味のある分野を深めていく

そんな道がすごく合っていますね。

 

行動力もありますから、

きっと自らで切り開いていくことだと思います。

 

ちょうど天中殺も明けたとこで

新たな大運に切り替わる年ですから

 

この10年の在り方が

まなちゃんの人生にとってかなり影響をもたらすもの

となることは間違いないですね。

 

ますますの活躍を期待しています!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ライン@に登録していただいた方に

「算命学占いから見る子どもの才能の伸ばし方

チェックシート」を無料でプレゼントしています。

 

また、ブログでは書いていない子育ての話や

算命学についても情報を発信しています。

友達登録はこちらから

↓↓       

友だち追加