2016-12-24 22:08:28

Christmas Eve。

テーマ:ブログ










役を生きるというのはすごくすごく熱量がいりますね。


ガソリンを給油するのも、火をつけるのも自分しかいなくて

ぼんやり見える骨組みに、魂を吹き込んで血を流すのは

簡単なことじゃない。といつも思います。





忍耐力、集中力、柔軟力、色んな力がいることも

この6年でたくさん学びました。



感情を表に出すという、普段ならできていることが

お芝居になると、どう動いてたっけ。どうやっていたっけ。

とわからなくなっていたけど





なんとか、ぎこちなさがとれて、

その場に立ってるという感覚がやっと増え始めてきました。






だけど、その子の人生を背負うという覚悟が

私にはまだ足りない気がします。


いつも大切にしたいことは、心でお芝居するということで





「気持ちがあれば目から伝わる。」という廣木さんがくれた言葉は、

何度も言うように私のお芝居の原点になりました。


作ろうとするもんなら、「余計なことすんな。」とすぐバレるし

「お芝居は引き算だから。」とよく言っていただきました。





もちろん、現場によってアプローチの仕方は変えますが

ベースはいつだって廣木さんの言葉です。


言葉に抑揚があろうがなかろうが、

その言葉に気持ちがこもっていれば伝わると信じているし




うまく見せようとしなくても、周りの方の心を動かせたら

それは本当に本当に、嬉しいし幸せなことだと思うので




今の自分がそれさえもできていなくても、

その気持ちだけは持っておこう。と決めています。





{B3E3CE0A-5CF8-41B0-9BB1-300D75C1E3C2}

今の自分が、少なからず役へ影響するだろうし、
役が自分に影響することもあるだろうし、

お互いに影響し合って、その時を過ごして。



私はみね子を演じていて、たくさんの愛を感じています。
みね子の家族や親友たちから、たくさん幸せをもらって。



だから私自身も幸せです。





お芝居のことを語れるほどの力もないので
偉そうなことは言えないですが、

お芝居の道を選んで良かったなと本当に思います。



私にはまだ足りないものがあるけど、
現場に行くと得れるものがたくさんあるから

スタッフさんやキャストの方々と同じ気持ちでゴールを目指して
一緒にフルマラソンを走る感覚で、


土俵に立てば、皆さん対等に接して下さって
どっちが偉いとか偉くないとか、そんなの一切なくて



演者も、俳優部という一つの部署でスタッフさん方と一緒に作っていく



そんな現場が私は好きです。




終わった時の達成感や、高揚感、
良い作品に仕上がった時の幸福感。




これは、現場にいないと感じられない感覚だし、
この感覚に出逢えて、本当に嬉しいから



だから、お芝居やれていて、良かったと思うんです。




一個一個を大切に作っていくのは、とても体力がいるし
頭も使うし、撮影が終わると本当にクタクタです。

そのクタクタに打ち勝つにも、体力がいるし、



でも好きだから、続けられるんですよね。





2016年は、願いが叶った一年でした。
そして、驚きの多かった一年でした。

初めての月9から始まって、
エランドール賞、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞で賞をいただき、



映画を4本、朝ドラ、そして紅白の司会で締めくくりです。




本当に本当にありがとうございます。





お芝居をしていて、難しいと思うことのほうが多くて
楽しいと思える瞬間はたくさんはないけど、
役を好きになる瞬間は、たくさんたくさんあります。

2017年も、その瞬間を感じて、向き合っていきたいです。





2016年、私に出逢って下さった皆さん
本当にありがとうございました。



残りあと10日ほど、最後までよろしくお願いします(*^_^*)




心から感謝しています。




今宵はクリスマスイブですね。
皆さん、聖なる夜をお過ごしください(*^_^*)




では。



最近の画像つき記事
 もっと見る >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース