そもそも痛みとは何でしょう? | 凄い高齢者、スポーツ選手、健康情報のニュースをまとめました。

痛みという感覚が何故存在するのか。

 

その生理的な説明に多くの学者は悩み続けてきました。

 

現在は痛みは危険を知らせる信号として有用と考えられています

(無痛症の患者が痛みを感じないために骨折、皮膚の損傷、化膿、関節障害の怪我を頻繁に繰り返し、虫垂炎、腹膜炎等の内臓の病気も見逃される等生活にあたって様々な不都合がある事からも窺えます。)

まず刺激が体に加わると痛みのセンサーから痛み物質が出ます

 

次に電気信号になり脳で痛みを認識します。


鎮痛薬は痛み物質の発生を抑えるので痛みが減少するのです。

 

発痛物質のみを効果的に抑える薬が開発されれば、

痛みから解放される日もがくるかもしれません。

 

今後も痛みについて書いていこうと思います。