N/W再編プロジェクトが進んでいます その1 | 膵臓癌になりました

膵臓癌になりました

2016年7月、膵臓癌と診断されました。それから今迄の経過を公開します。癌の症状や経過は患者毎に様々ですが、何方かの参考になればと思います。
尚、頂いたコメントは一応確認の上公開の可否を判断した後、公開致しますので反映は遅れます。悪しからず。


テーマ:

おはようございます。

 

今朝の天気は晴れ。気温3℃、ほぼ無風。

 

体温:36.0℃

体重:84,0kg

血糖値 朝:196 昼:105 夕:123

 

寝坊しました。一度5時に目が覚めたのですが、後5分と思って目を閉じたのが失敗で、次に目が開いたのは6時半でした。急いで着替えて散歩へ。今日はショートコースの約500歩です。太陽が眩しい散歩でした。

 

今日は高額医療の請求と医療保険の請求の書類を作ろうと思います。医療費控除のとりまとめは、今年も全員非課税で、やる必要が無くなりましたのでパス。市民の皆様、今年もお世話になります。

 

さて、ネットワークの再編プロジェクトですが、次第に進展して来ました。ざっとサマリーしてみます。

 

先ずは元々の契約関連の構成ですが、

・回線

 フレッツ光から回線転用でぷらら光に契約変更した100Mbpsの光回線。

・プロバイダー

 NTTぷらら

・固定電話

 NTTの光電話(回線転用時、ぷららに光電話が無かった)

光回線関連で3社(何れNTT系ですが)の契約が入り組んでおり、素人の家族には問題が起こった時の問い合わせ窓口が何処になるのか分かりません。

 

機器の構成ですが、

・ONU

 NTTが設置したGPONですが、契約変更により、ぷららからのレンタルになっています。

・ルーター

 NTTのRT-400NEです。入り口のルーターとしての役割とアナログ電話のスプリッターとして動作しています。NTTのレンタル機器です。このルーターのLAN側はDMZとして機能しています。無線のカードは入っていません。VPNに接続する機器はこのサブネットに繋がります。

・無線ルーター

 バッファローの無線ルーターWZR-HP-G302Hです。WAN側はDMZに繋がります。パケットフィルターなどのF/W機能はこのルーターがメインで担います。1階に設置されていますが、2階の無線中継器の親機としても機能しています。このように、間にDMZを挟む事でNATが2重に掛かり、宅内のLANネットワークに光回線側からの侵入が難しくなります。DMZに繋がって居る機器はPC2台、テレビ、HDDレコーダー、そしてこのルーターだけです。

・無線中継子器

 メインのルーターと同じバッファローの無線ルーターWZR-HP-G302Hです。中継器モードで動作します。この中継器で2階の全室をカバーします。

一般的な家庭用の無線LANの構成と比べるとかなり複雑な構成です。この他にも様々な仕掛けがしてありますが、本筋では無いので割愛します。この構成でのトラブル・シューティングは素人さんには難しいと思います。因みに、メインのハブはDMZ、宅内LAN共にモニターポート付きの業務用です。

 
この構成をシンプルに作り変えるのが今回のプロジェクトの狙いです。目標は、
・契約は1社にまとめて窓口は1つにしたい
・セキュリティーに不安は有るものの、N/Wをシンプルにして素人でもある程度解るようにしたい
・トラブルが一番多かった無線中継器を廃止したい
・古くなって来た機器と回線をランニングコストが小さくなるように最新機器と回線に入れ替えたい
 
これを目指してある程度一時費用は掛ける覚悟でネットワークを再編するプロジェクトをスタートしました。実際に何がどのようになって行くかは続きをお楽しみに。
 
IT機器やN/Wに興味のない方は読み飛ばして下さい。知識のない人にも分かり易く解説しようかとも考えたのですが、専門用語を減らして分かり易くするにはかなりの労力を要するため、分かる人向けの文章になっています。悪しからず。終活の一環としてこれだけ体力を使った記録という位置づけです。

 

 

癌と暮らす人々の集う村

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

カスカビアンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス