寒さが身に沁みる+これからの事 | 膵臓癌になりました

膵臓癌になりました

2016年7月、膵臓癌と診断されました。それから今迄の経過を公開します。癌の症状や経過は患者毎に様々ですが、何方かの参考になればと思います。
尚、頂いたコメントは一応確認の上公開の可否を判断した後、公開致しますので反映は遅れます。悪しからず。


テーマ:

おはようございます。

 

今朝の天気は晴れ。気温‐2℃、南寄りの風。

 

体温:35.9℃

体重:82.4kg

血糖値 朝:134 昼:164 夕:125

 

寒いですね。昨日までは常夏の病棟に居たので、氷点下の気温は身に沁みます。疲れが出たのか、朝は5時半に掛けてあった目覚ましで目覚めました。たった2週間空いただけで空の様子は随分変わっていて、季節が春へと変わりつつあることを感じました。

 

今朝の散歩は標準コース+α。弱った脚のリハビリです。余り早くは歩けませんが、何とか1600歩強で歩いて来ました。写真を撮る余裕はなく、明日から早朝の空は再開しようと思います。

 

歩き始めた5:40には空は白み始めている所為で、北斗七星も消えかかり、見える星の数もうんと減っています。東の空には糸の様な月が地平近くに見えています。他には木星と思われる明るい星と、火星と思われる星が見えるだけでした。

 

この入院前からブログに書いている内容のトーンが少し変わって来たのにお気づきの方も居るかも知れません。FOLFIRINOXへの切り替えを決めた時、この次に関しての戦略に関してDrと話をしました。以下、現状の私の主治医の認識です。

 

  • FOLFIRINOXが効かなかったり、使えなくなったりした場合には標準治療は終了する。
  • 標準治療終了後は通常は治験を紹介したりもしているが、私の場合は脚の状態が良くないので治験は撥ねられてしまう為、受けられない。足の事を隠して試験を受ける事は医師の良心としてできない。
  • 抗癌剤はもう選択できる物はない。タルセバはメリット・デメリットを秤に掛けるとデメリットの方が大きいと判断するので、選択肢としては考えていない。
  • 現在の状況では標準治療が終了したら、緩和へ移行するのが一番好いと考えている。
  • 問題となっている脚の浮腫みから蜂窩織炎へと言う、今迄何度か繰り返してきている根底には膵体尾部切除の際にリンパ節を取ってしまった事が有るとも考えられるが、それよりもリンパ節転移の方が原因としては大きいと考えている。CT画像にも明らかにリンパ節転移が見られる。浮腫みを悪化させないための対策も有効とは思うが、根本的な解決方法は無いと思う。
  • アブラキサンの再登板は今迄の経緯から危険が大きく、勧められない。

要は標準治療は最終段階に入って来ており、FOLFIRINOXの効果が見られなければ最速で3月にでも緩和へ移行する可能性が有ると言う事です。有っても多少効果が見られたゲムシタピンの再登板の可能性がかろうじて残る位でしょう。

 

治験が受けられないと言う事は現在色々と出て来ている治療法は視野には入って来ない訳で、本気で終末へ向けた準備を始める時がやって来たと言う事です。特に腹膜播種は終末期には様々な苦しみを伴う症状に苦労する事は目に見えています。それだけは可能な限り避けたいと考えます。

 

代替療法と言う手も残っていない訳では有りませんが、丸山ワクチンも治験の範囲で行われている以上、私には適用になりません。更に大きい要素は脚と足の状態です。今は退院直後と言う事も有り、脚の状態は良いのですが、それでもアブラキサンの副作用の痺れから来る足の痛みは強く、靴を履いて歩く事が大きな苦痛となっています。正直な処、朝の散歩以上の事は靴を履いたとたんに出来なくなります。即ち、公共交通機関を利用しての移動が隣駅への移動すら困難にしています。

 

車での移動は可能ですが、一人で東京まで行けるかと言うとこれもきつい物が有ります。ハイパーサーミア等の医療を受けたいと希望しても、遠方までの移動が厳しく、これがネックで片道1時間以上の通院は家族の全面協力が無いと無理です。入院での治療でないと難しいのです。

 

この様な状況下で私の今の判断としては標準治療終了後は緩和への移行止む無し。ほぼ無治療で行く事を考えています。元々、もっと若い頃から60を過ぎたらそこから先は人生のおまけと考えていた私。もうおまけの領域に入っています。心安らかに最後が迎えられれば不満は有りません。暫くは目の前の事だけ考えてやって行こうと思います。

 

さて、私としてはとても長い文章になってしまいました。これでもかなり簡潔に書いたつもりなのですが、一度自分の正直な気持ちを書いておこうと言う意気込みも有り、長くなりました。

 

現在介護保険の適用を申請し、面接待ちです。21日にケアマネージャーとの面接が予定されています。何とか要介護が認められればと思っていますが、要支援かも知れません。最後は医師の意見書と言う錦の御旗が残っていますが、最近は審査も厳しいと言う事なので、どうなりますやら。又、ご報告させて頂きます。終末期以外の65歳未満での介護保険適用申請は此処のブログでも余り見ないため、参考にして頂けるかと思います。

 

まだまだ行きます。

 

 

癌と闘う戦士達の村

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

カスカビアンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス