11月8日18時半から日生劇場で舞台フォーラムが行われます!

オペラ『ルサルカ』の舞台が題材に。

フォーラムの終了後には舞台見学もあるそうです。

皆様、ぜひー!!:.* ♡(°´˘`°)/ ♡ *.: 

{53D377AB-32DD-4720-AD1D-674A1F0CD964}

{99F2818D-0200-4A72-887F-C26A8A79177B}

ところで、このハガキはどこに置かれているのかしら。。。確認してアップしまーす!
確認しました。
ハガキは劇場には置いてあるそうです。
ただ、「どこ」と言うことまで決まっていないようですので、写真に書いてある問い合わせ番号に電話をし、問い合わせをしてみてくださいね!

********

立ち稽古にはマエストロも合流し、音楽的な面からも見つけて行く作業が始まりました。

それは本当に私達を助けてくれることになり、当たり前と言えば当たり前なのだけど、マエストロと言う存在の大きさを痛感しています。

指揮者と演出家は二本の柱。

でも、大きな大きな音楽の幹に、演出やデザインという枝葉が付き、私達歌手の花が咲く、と考えています。

その大きな音楽の幹がしっかりしていればしているほど、枝葉も育ち、大きな花が咲きます。

指揮者というのは、作品の隅から隅まで勉強をするのは当然、作品への尊敬と理解を深め、私達が気付かなかったことを気付かせてくれ、言葉だけで無く棒で全員を導く…。

なんと大変な立場なのでしょう。

やっぱり敵わないな、とか、やっぱり上手(うわて)だな、とか、思える指揮者や演出家の方との舞台は幸せです。

今回はとことん産みの苦しみを味わっています。

めちゃくちゃイライラしたし(笑)。

でも、マエストロも含めたその場にいる全員で全てを共有し、話し合い、毎日のように新しいことを提示し続けることが出来ています。

そんな稽古期間のちょっとしたご褒美タイム。

大きなパフェ!

生クリームやアイスクリームが大好きー( ´艸`)

{A0DE8E90-4228-43C8-AE7F-025179429C1C}

でも、今一番心待ちにしているのは、、、山形県産の『つや姫』の新米!!

うちにあったつや姫が切れてから、別のものを買わずに我慢しています。。。

お米もなるべく食べないで待っています。

おにぎりを作りたぁぁぁぁぁぁい!!!











AD
今月に入り、日生劇場『ルサルカ』の立ち稽古が始まりました!

演出の宮城聰さんはSPAC 静岡県舞台芸術センター芸術総監督を務められています。

私は静岡県出身!

ご縁を感じます…が!!私は来年の静岡公演のキャストから外れてしまったのですー。

ガ―(´・ω・|||)―ン!!

その時期は『ローエングリン』のオルトルートとなり、ズタボロで稽古中…と予想。

イェジババと同じ「魔女」ですけど、史上最強に手強い相手と向き合います。

彼女、口を利いてくれるかしら(笑)。

イェジババとは凄く話しやすいです。

多分彼女の生い立ちはこうだったんだろうなぁ、って思うと、彼女の言葉にも納得するのですよ。

まぁ、まだまだ深めて、詰めて行かなきゃいけないのですけど、スタートとしては良い感じがしています。

東京公演は11月9日(木)と12日(日)。

別のキャストは11日(土)。

どの日も開演は13時30分となります。

指揮は山田和樹さん、オーケストラは読売日本交響楽団さん、合唱は東京混声合唱団さんでーす。

そして、静岡県の皆様、2018年1月27日 静岡市民文化会館大ホールへぜひっ!!

読響さんと山田和樹さんのタッグを静岡で聴くことが出来るチャンスです!!!!!

そこ!?と思われそうですが、そこ!です(笑)。

{E6CA2E5C-B543-45BB-8CC0-84E638BA5C53}

稽古場のケータリングのコップには自分の名前を書くのですけど、私は先日の音楽レクチャーで描いた相関図のイェジババちゃんに。

{C5AC552A-24BE-4B29-8267-65BB2B16EC16}

稽古場の外にベンチがあるので、休憩中にそこでお喋りをしながら軽食を食べたりします。

まだまだ蚊が出るので、制作スタッフさんが蚊取り線香を置いてくださいました。

懐かしい香り!!

今日も稽古に行って来まーす!:.* ♡(°´˘`°)/ ♡ *.: 





AD
2018年1月3日、皆様の前で歌い初めとなります。

はわわわわわわわわぁぁぁぁぁっ!!!

毎回のことながら、緊張と恐怖で全身がつーめたくなります(T ^ T)

こ、こわい…。

しかし、やるっきゃないのでありますですっ!!!!!

情報は下記URLで。



皆様、何卒よろしくお願いいたしますー(๑˃̵ᴗ˂̵)
AD