6月26日に紀尾井ホールへご来場くださいました皆様、本当に本当にありがとうございました。

皆様の大切な時間を私にくださり、私達と共に過ごし、音楽と詞を共有してくださり、見守り、立ち会い、応援してくださり、心より御礼申し上げます。

(可愛い教え子が送ってくれた終演後の一枚)

リサイタルの数日前から応援のメッセージが届いたり、当日もお花や贈り物が全国から届き…遠くからも近くからも応援の気持ちが飛んで来て、とてもとても心強かったです。

私はなぜ歌い、なぜ存在しているのか。

それを探す旅はまだまだ続きますが、音楽に導かれ、音楽に寄り添い、寄り添ってもらい、歩いて行きたいと思います。

未来の自分へのメッセージ。

それはすでに私の元へ、少しずつですが届いています。

「主催する」ということは、ここに書ききれないほど多くことを私に学ばせてくれましたし、主催するのを決意したのは自分ですが、そこから先は事前の準備から当日まで、多くの皆様の手を借り、お気持ちに支えられていました。

当日はホールを出た後も私のために働いていてくださった方々がいます。

関わってくださった全スタッフの皆様、ありがとうございました!

このお礼は必ず!!

客席、舞台上、舞台裏、収録、記録、、、私達を繋いでいるものは何か。

それは『音楽』です。

『音楽』は時に自分を突き落とし、突き放しもするけれど、決して自分から離れず、そこにいてくれます。

仕事は緊張するし恐怖ばかりだけど、普段の私は音楽に救われています。

ありがとう。

私の楽器もありがとう。

元気でいてくれてありがとう。

楽器といえば…とても個人的なことですが、父と母が客席に来てくれました!

二人が同じ空間の空気を吸ったのって何年振り!?

多分、二人は顔を合わせていない…と思うけど(笑)。

あの日の私を二人が同時に聴いてくれて、本当に本当に嬉しかったよ。

来てくれてありがとう!

二人がくれた楽器です。

大事にするよー!!

最後に、、、私の可愛い妹達3人が働きまくってくれました。

ありがとうね!!!

私達の出会いの場を作ってくれていたオフィス・森安の森安さんも、本当にありがとうございました。

(撮影はスーパーステマネさん!打ち上げにて)

昨日は大学勤務でした。

リサイタルも初めて、大学勤務も今年度から、、、一体自分がどうなっちゃうのか不安でしたが、可愛い学生達に会って、みんなの歌声を聴いたら、なんだか全然疲れませんでした。

が!これがもし頻繁にあったら…と想像すると、それはそれは大変に違いなく、当たり前のようにこなしている先輩方は本当にすごい!鉄人!!です。

なんでも経験。

やらなきゃわからない。

明日は本番。

今夜はリハーサル。

頑張ります!!!

そして、そろそろ生音欠乏症が…。


リサイタルへ向けて

テーマ:
昨日はリサイタルのリハーサルでした。

毎日なにかしら判断しなければならないことがあり、こんなことも決めるの!?とか、お恥ずかしいことに…発見ばかり。

いやー、主催者って大変ッ!!

大変なのだけど、そんな日々も今日を含めて3日で終わります。

それにもびっくり!!!

いつもオペラやコンサートのリハーサル期間に入ると没頭しますが、今回は視野を広く持たなければならないので、なんだかいつもと没頭の仕方が違います。

このリサイタル、たった一人で始めた気持ちでいたけれど、決めた瞬間から自分一人ではなく、誰かしらの顔を思い浮かべるわけで…結局、人は一人では何も出来ない、というか、誰かと何かを共有するものなのだなぁ、と感じています。

遠くから応援を送ってくださったり、さりげなく助けてくれたり、相談すれば的確なアドバイスをもらえたり、本当にありがたいです。

さらに、マッサージ、ネイル、髪の毛、まつげ…どれも人の手を借りていますし、皆さん一生懸命『清水華澄』を作ってくれました。

さぁ、残りの3日間、まだまだやるべきことや、判断すべきことはあるけれど、もう二度と戻らないこの時間を満喫したいと思います。

人生は一度きり。

自分が決めたこと。

6月26日 19時〜 紀尾井ホール
清水華澄リサイタル
『未来の自分へ』
よろしくお願いいたします!

最後に…大変な中、関西から来てくれた晴ちゃんと、晴ちゃんを送り出してくださったご家族の皆様に感謝申し上げます。

そして、もうこれ以上のことが起きませんように。



恩師宅へ!

テーマ:
リサイタルへ向け、十数年振りに大学時代の恩師のレッスンを受けてきました!

その間、私は新国立劇場オペラ研修所にも通い、留学もし、デビューもし…本当に沢山の方と出会い、多くのことを学んで来ました。

それは今も続いているので現在進行形ですね。

でも、書ききれないほどの素晴らしい方々と出会って来ても、先生のドイツ語の感覚と指導法は、やっぱり凄い!!と感じるもの。

絶対に追いつけない。

心底そう思いました。

指導者としても歩き始めた私の目標は先生。

が、すでに諦めつつあります…(-_-;)

いかーん!頑張るのだ!

少しでも後輩達に渡して行けますように!!


私の師である莊先生が訳された本です。

久しぶりに先生のドイツ語を聞き、ハッとしました。

私は贅沢な学生時代を過ごしていたのだ。

今さら気づくなんて…。

悔しさもあるけど、自分の呑気さに呆れてがっくり。

いつでも良い、いつでもある、いつまでもある、いつでも貰える、いつまでも貰えるって思っていたら大間違い!!!

って、大学時代の私に言ったところで、わかるわけがなーーーーーい!!

それでも、あの時はあの時なりに一生懸命だったのだろうなぁ。

********
2018年6月26日19時〜
紀尾井ホール
清水華澄リサイタル 『未来の自分へ』
チケットのご注文はこちらから!


響きも姿も美しいホールです(*´˘`*)♡ 
皆さま、ぜひー!!