耐震天井 耐震工事 耐震設計 耐震改修 軽天 | (株)柏屋設計☆新築注文住宅/リフォーム/リノベーション/店舗工事/軽天工事★LINEで24h問合せ受付

テーマ:

前回、軽天の歴史を書き、その中で軽鉄下地の地震に対しての弱さに触れましたが

今回は、その事について書きます
 
3.11東日本大震災では近年建築した建物の
倒壊事故は少なかったのに対し
天井落下事故が目立った
 
関東や東北での天井落下事故は2千件を超え
死者5名、負傷者は少なくとも70名を超えた
 
震災時の事故をうけ、国土交通省は新基準をもうけたが、新基準は一般の多くの天井には適用されない
 
6m以上の高さの天井
200㎡以上の面積の天井
人が多く集まる場所の天井、他、等
の天井に適用される
 
公立学校などの天井には耐震改修が行われたが、一般の建物の天井の多くは行われていない
 
新基準が適用されない天井は
新築の建物でも、地震がきた場所には
落下の危険があるという事にもなる
 
軽鉄下地の天井が落下する原因を説明すると
軽天は、まずコンクリートなどの建築構造の駆体から吊りボルトを下げて、ボルトの先にナットでハンガー金具を固定する
ハンガーに親バーを掛けて、親バーとMバーをクリップで留めて、Mバーにボードを貼る
 
この親バーとMバーを固定するクリップが外れるか、吊りボルトが切れるか、天井板が剥がれるのが事故の原因だか、クリップが外れて落下する事故がほとんど
 
このクリップは指で折り曲げて留める程度のもの
 
現在も一般の天井では何ら工法は変わらない
 
大地震の時は落下事故がおきます
 
このクリップが外れて天井が落下する事故を防ぐには
 
天井が揺れない様に斜めに材料を追加します
ブレスです
 
それと、折り曲げるだけのクリップを
ビズで固定する
 
両方やれば頑丈な天井が出来ますが
 
どちらか片方でもやれば落下のリスクは
大きく下がります
 
住宅などの天井では必要ないですが
事務所や店舗などの天井では
 
任意での耐震工事をおすすめします
 
既存の天井を耐震改修は大掛かりだが
新規の天井の場合は多少の費用負担で
危険な天井が耐震天井に変わります
 
耐震天井工事は
(株)柏屋設計にお任せください
 
 
※写真は耐震天井でありません
 
 
 
 
 
⬇工事注文の前にお読んでください
 
 
 
 
 
(株)柏屋設計
116-0012東京都荒川区東尾久1-11-8
-----------------
(株)柏屋設計 電話 0120-940-555
-----------------
(株)柏屋設計 ウェブサイト
-----------------
(株)柏屋設計 アメブロ
-----------------
(株)柏屋設計 Facebook
-----------------
-----------------
-----------------
LINEでは24時間
問い合わせを受け付けています(*´∀`)♪
    友達追加出来ます‼
-----------------
 
住宅 アパート マンション オフィス 事務所 テナント 店舗 飲食店 保育園 幼稚園 スクール アカデミー 学校 教室 塾 英会話 美容室 エステ 歯科医院 診療所 居酒屋 スナック クラブ キャバクラ バー バル レストラン ラーメン店 蕎麦 そば 鮨 寿司 屋
 
建築一式 内装工事 リフォーム リノベーション 外壁塗装 軽鉄 軽天 LGS ポード 店舗工事 クロス工事 床工事 電気設備工事 給排水衛生設備工事 解体工事
 
東京 神奈川 千葉 埼玉 中央区  港区  新宿区  文京区  台東区  墨田区  江東区  品川区  目黒区  大田区  世田谷区  渋谷区  中野区  杉並区  豊島区  北区  荒川区  板橋区  練馬区  足立区  葛飾区  江戸川区  吉祥寺  恵比寿  中目黒  目黒  池袋  立川 中野  品川  新宿  自由が丘  北千住  武蔵小杉  渋谷  新宿  二子玉川  鎌倉  大宮  表参道  浦和  赤羽  荻窪  三軒茶屋  下北沢  銀座  三鷹  上野  川崎  全国対応

㈱柏屋設計さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス