三軒茶屋 中華料理 プラレンガ 木レンガ LGS工事 | (株)柏屋設計△東京☆新築戸建住宅/リフォーム/リノベーション/店舗工事/軽天工事★LINEで24h問合せ受付

テーマ:

会社のほぼ半数が「風邪(インフルエンザ?)」にかかってます。漏れなく私も熱っぽいです。

柏屋設計 辻 です。
 
今工事している「神田味坊さん(三軒茶屋店)」。
 
工事形態がC工事というカテゴリーで参加しています。
 
大きなビル等の建築工事は「A.B.C」と工事内容や受注先によって区分されていています。
 
ザックリ説明すると
 
A工事→俗にいう「本体工事」。建物の基幹部分を担当し、事業主が発注主です。費用負担ももちろん事業主です。
外壁や鉄骨等ビル全体の工事ですね。
 
B工事→本体工事の中でも主に電気や水道等、設備関連の工事を担当してます。事業主が発注主なんですが、費用は「店子さん」が負担します。
 
C工事→「店子さん」が発注主で、費用ももちろん「店子さん」が負担する工事。店内の内装工事等を担当します。
 
ザックリいうとこんな感じのカテゴリー分けができます。
 
今回は「C工事」ですので発注主は店子さんの「神田味坊さん」。新築工事ですので事業主サイドから色々な制約や条件が「品質管理」という観点から提示されます。
 
例えば
 
 
 
ちょうど穴の下あたりに「木」が填まっているのが見えます。壁を立てるのに支持をとる為の下地材料なんですが、
 
これは「事業主」サイドから見ると❌
 
 
 
これに変更して下さい。
 
との指示です。
 
この写真で埋まっている黒い部材は「プラレンガ」という材料です。
 
何が違うのかというと……
 
材料の材質が「木」か?「プラスチック」か?という違いのみ!
 
事業主曰く
 
「木」は湿気を吸い込むので❌
 
「プラスチック」は湿気を吸い込まないので⭕
 
というロジックです。
 
細かい指示なんですが、この積み重ねが「品質管理」に繋がっていくんだなぁ
 
なんて考えさせられちゃいました。

㈱柏屋設計さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス