軽鉄工事 軽天(けいてん)工事 LGS工事 承ります | (株)柏屋設計△東京☆新築戸建住宅/リフォーム/リノベーション/店舗工事/軽天工事★LINEで24h問合せ受付

テーマ:

【LGS工事承ります】【全国対応】


建設業関係以外の人にLGS工事とか

軽天工事と説明しても

「それ何ですか?」って

よく言われる職種です

でも建設関係の仕事をしている人なら

皆知っています

簡単に説明すると

一昔前は大工さんが木材で造っていた

天井や間仕切の下地を

軽い鉄製の材料で造ったものを

けいてん又は軽鉄とかLGSと言いい

この作業を行う職人さんを

けいてん屋さんと、いいます

この工法の主な長所は作業が効率的なのと

燃えない建材である事です

それじゃぁ、うちも大工さんではなく

けいてん屋さんに、造ってもらおうと

考える人も居るかもしれませんが

住宅の工事全般を請け負う大工さんに対し

けいてん屋さんは、大きなビルや店舗の

間仕切や天井を元請け会社の指示に従い

ひたすらスピーディーに造っていくのが

けいてん屋さんで、エンドユーザからの

仕事は、通常、請け負いません

当社がある荒川区には

建設業関連の職人さんが

多く住んでいるんですが

うちの場合で言うと

けいてん屋さんの仲間が特に多いです

したがってLGS工事は得意中の得意

当社はけいてん屋ではなく

軽鉄工事が得意な工務店なので

エンドユーザー等の依頼にも対応出来る

けいてん屋みたいな工務店です

軽天(LGS)工事価格一覧 ≪≪≪

もちろん、木造やS造の新築も請け負います
大手ハウスメーカーより、いい家つくります










店舗やビルの建物内部の天井や

壁を作る作業で

軽量鉄骨下地(LGS又は軽鉄、軽天)は

天井や壁に貼る石膏ボードなどの

下地となる骨組みです
軽い鉄で出来た棒状の材料を

格子状に組んで固定します

軽天(けいてん)又はLGS、軽鉄とも言う

不燃の建材です
昔の建物の間仕切や天井はすべて

木製でしたが

近年では木造一戸建て住宅を除き

ほとんどが

この軽鉄(LGS)という建材で出来ています

この建材の長所を上げると

木と木板で出来た壁と違い

軽鉄と石膏ボードで出来た壁は

燃えない事と、施工が短縮出来る事で

施工が短縮できるという事は

人件費を抑えられるため

木下地の壁よりも大幅に

コストが削減出来ます

平らな天井や壁は

比較的簡単に安価で出来ますが

曲面や複雑な形の場合も可能で

その場合は時間と費用が

平らなものに比べて多くかかります
ボードは軽天を組んだ上に

石膏製の板(182cm×91cm)を

隙間無く貼っていく作業で

こちらも平らな面は簡単ですが

平らな面以外は

手間がかかる上技術も必要です

精度においても木材よりすぐれています

木は乾燥していく過程で

反ったり割れたりするので

現場に材木を納品した段階で

既に曲がっていますが

LGSは鉄製の材料である為

細い材料でも力が加わらない限り曲がらない

施工が早い事もこういった理由からです


鉄で出来ている軽鉄も

熟練の職人は切れ目を細かく入れ

ベニヤを切った型をはめ込んで

綺麗な曲線を造ったりします

また工場で曲線に加工したものを

使用する場合もあります
軽鉄という建材は歴史が比較的浅い為

職人の経験年数も

比較的に短い人が多い業種です
舟形、お椀型、ひな壇型などの

造ることが難しい天井は

軽天職人なら誰にでも出来るわけではなく

腕のいい職人にしか造れません








軽天は通常、上からボルトで吊る天井ですが

障害物が有ったり

その他の理由で吊れない場合

壁と壁で固定する事も出来ます

工事価格は、ほぼ価格一覧表のままです
LGS工事は親切、丁寧、機動力の

柏屋設計にお任せ下さい

 

気軽にお問い合わせください


-------------------
(株)柏屋設計 ウェブサイト 
-------------------
(株)柏屋設計 アメブロ 
-------------------
(株)柏屋設計 Facebook 
-------------------
(株)柏屋設計 Twitter 

-------------------

(株)柏屋設計 Instagram
-------------------

㈱柏屋設計さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス