こんにちは、柏駅前内科・皮ふ科 院長の斉藤です。

動悸…ってした事ありますか??
そもそも動悸とは、何か…

動悸とは、ズバリ、自分の鼓動を強く感じる状態を言います。
ですので、動悸の症状だけでは、それが病的なものか、そうでないかはわかりません。

普通の状態でも、興奮すると心臓の拍動は強くなり、鼓動を感じる事もあり、それは病的とはいえません。

とはいえ、動悸の症状は主観が強く入り、わかりづらいですし、大きな病気の症状である事も多々ありますので、油断はできません。

今までは、ホルター心電図という機械を24時間装着して、その動悸症状が病的なものかを調べでいました。


 

これですね



ホルター心電図は、小銭入れぐらいのサイズの機械と、電極シールを5-6枚貼付するもので、1日とはいえ、患者様の負担にもなっていました。


しかし、当院にて新たに「heartnote」というとても軽量小型化された機器を導入いたしました。


大きさは少し大きめのUSBメモリーくらいです。


今までのと比べると、こういった感じでかなりコンパクトになりました。
また、導線などが外に出ません。

これならば、シャワーや半身浴も入れます。
これまでのものは入浴できませんでしたので、せいぜい1日しか貼れませんでしたが、新しいものは最長7日間装着できます。

動悸が毎日は出ないけど、週に1回くらいなら出る、という方にも向いています。

動悸の症状が気になります方は、ぜひ一度ご相談下さい。