柏田久美子blog♪かしわダイアリー♪

柏田久美子blog♪かしわダイアリー♪

宮崎で育ち、徳島で2年間、広島で3年間働いていました。
大好きな地方“ローカル”の話、身のまわりの“ローカル”な話
いろんな方と共有できたら嬉しいです♪ヽ(´▽`)ノ

みなさん、こんにちは!
相変わらずご無沙汰してしまっております。

2022年がスタートして、すでに3月…
今年も(2019年に続き)、これが年明け初めてのブログ更新になりました。

2022年3月11日 金曜日。
東日本大震災から11年が経ちました。

今年の3月11日はたまたまお休みとなり
さて、どう過ごそうか…

引き続きのコロナ禍でとても迷いましたが、
しっかりと感染予防に気を配った上で
初めて、この日に東北へ向かうことに決めました。

福島のJヴィレッジで開催される
「SONG OF THE EARTH 311」へ。


お昼すぎに着き、夕方まで
福島のみなさん、そして福島・東北を想うみなさんと一緒に
やさしい音楽に包まれ、
大凧揚げや綱引き、そしてキャンドルナイトと
おだやかな時間を過ごさせていただきました。

14時46分にはみんなで黙祷を。



主催のキャンドル・ジュンさんの挨拶では
「この日にここにいることを選んでくれてありがとう」
という言葉に胸があつくなりました。

行ってよいのかどうかとても迷っていた自分は
(きっと県外から来た人たちはみんなそうだったと思います)
救われた気持ちになり、来てよかったと思いました。

広島で初めて8月6日を迎えたときに感じた
"その日 その時 その場所の空気"が忘れられず、
いつかは3月11日を東北で、と考えていましたが
これまではなかなか思い切ることができませんでした。

コロナ禍で気をつけなければいけないことは山ほどありますが、
この状況だからこそ
会いたい人に会うこと、行きたいところに行けることが
どんなに大切で有り難いことかを実感したところもあります。

10年の節目をこえて、11年が経ち、12年目へ。
わたしも、やっと一歩前へ進めた気がしました。






数日前に受けたナレータースクールのレッスンは
ドキュメントのナレーションに関するものでした。

そこで講師の先生が仰ったのが
「自分のことばにする」ということ。

原稿に書かれた文章について
どれほどじっくり考え、想像を巡らせて、準備しているか。
それはどうしても、おのずと読みに表れる、のだと。

これまでもアナウンサーとして
「自分のことばで伝えなさい」とよく言われてきましたが
実際にどういうものが自分のことばなのか?
はっきりと自信が持てず、ずっと自問自答してきた課題です。

でも、それは決して取り繕って見栄え良く形にするものではなく
真摯に正面からしっかりと向き合うことで自然に溢れ出てくるものなのだと理解し、
ふっと楽になった気がしたのです。

もしかしたら。
自分で紡ぎ出している、こういった文章も同じかもしれない。

このブログも
きっと今まで東北にたくさん向き合ってきたぶん、
届いて、読んでくださる方がいらっしゃるのではないかと感じています。

これからももっともっと東北のことを知り、考え、想い続けて
自然と溢れる「自分のことば」で、伝えていきたいと思います。