はじましての方も二度目まして以上の方もおつまわり!!かしまわりでございます。




8/23(金)19時より、J1リーグ第24節ガンバ大阪戦が行われ、2-2で引き分けました。

【選手採点】

GKスンテ 90分 5.0
不調のキックではなくスローで繋ぐ形に。相手のプレッシャーのなさも相まってこれは正解。PK駆け引きに持ち込んだが、相手の得意コースに蹴り込まれた。

CBブエノ 90分 5.0
失点シーンはアデミに上手く入れ替わられた。少しダレた時間だっただけに、余計に後ろは集中しなければならない時間帯。これも経験。

CB町田 90分 5.0
どちらがイニシアチブを取るのかはっきりしないまま失点を重ねた。ロングボールはラインコントロールの問題でもある。高くするなら負う代償も少なくない。バーとポストが入っていれば…。高さは抜群。キッカケ一つ。

SB小泉 90分 5.0
ロングボールに目測も誤り、痛恨のPK献上。その他のパフォーマンスが良かっただけに本当に痛恨。もったいなかった。

SB小池 90分 5.5
相変わらずキック精度は高く、仕掛けのタイミングも良く、守備はコーナーにしか逃げられない。あと一つの我慢が守備を向上させる。

CH健斗 90分 6.0
行って良しの合図と共に右HSで起点は一切作らせない。チャレンジパスも通して、アピールは上々。ルヴァン杯は不在かも。

CH名古 60分 5.5
もう少しポイント作りが欲しかった。やはりプレッシャーが少ない相手はなかなか剥がせない。ブロックを組まれた相手に何ができるか。

SHセルジーニョ 90分 6.5
何アレ。すんごいの。ズドンて。

SH白崎 85分 6.0
自分のところの優位性を生かそうと試行錯誤。得点へのキーマンは白崎だと思っていたため、終盤までいて欲しかったが…。

ST聖真 90分 6.0
時に三列目まで下りてボールを引き出す。前を向いて起点になる。アシストも決めて存在感はピカイチ。井手口番もやり切った。

CF伊藤 74分 6.0
得点は決めたが、攻撃面では物足りない内容。守備面では献身性を見せているものの、パステンポが周りと合っていない。あえて無理に組み立てに参加させずとも良いのでは?

【交代選手採点】

CHレオ 30分 5.5
なんとなく試運転感。ブロックを敷いて来る相手には必要な選手だが、投入によるギアアップは感じられなかった。

CF綺世 16分 5.0
普段の柔和な表情から一転。やってやるという気概は感じられたが一発やってやれず。

SH相馬 5分 -
縦よりも横の動きで変化をつけられるが、5を組むブロックに対する最適解ではないようにも思う。サイドチェンジのあの一本のパス。アレが可能性を感じさせたが…。

【監督採点】

大岩監督 5.5
2失点共に想定外のタイミングでの失点も、想定しておいて欲しい「あれしかない」形。白崎が左で優位性を取れていたのは白崎だからこそ。今日は白崎→相馬の日ではなかったような。そうじゃないような。


※マッチレビューはこちら。