はじましての方も二度目まして以上の方もおつまわり!!かしまわりでございます。



5/12(日)14時より、J1リーグ第11節ヴィッセル神戸戦が行われ、1-0で勝利しました。

【選手採点】

GKスンテ 90分 5.5
プレー機会はほとんどなし。安定した内容でシャットアウト。

CBスンヒョン 90分 5.5
立ち上がりこそ「おや?」なプレーもあったが、その後は高さと強さを発揮し、跳ね返し続けた。

CB犬飼 90分 6.0
久々出場のスンヒョンを助けながらDFリーダーとしてシャットアウト。お約束の運ぶプレーも見せただけでなく、サイドチェンジも披露。

SB永木 90分 5.5
気迫溢れるプレーでチームを鼓舞。セットプレーからもチャンスを演出した。FK惜しかったね。

SB安西 90分 6.0
こうした試合でも自分らしさが出せるのは難しいが、当たり前のようにやってのけた。

CH健斗 90分 6.5
完全復活の狼煙。縦パスの感覚も掴んで次のステージへ。

CHレオ 90分 5.5
お疲れが目に見えるパフォーマンスではあったが、鋭い出足で相手の起点を潰す。健斗が上がった後のバイタル空けは相変わらず。

SHレアンドロ 80分 6.0
不用意なバックパスはあったが、観るものを魅了するワクワクプレーで攻撃をリード。元セレソンが戻って来た。

SH白崎 68分 6.5
「見えてる」アーリークロスでアシスト。レアンドロだけでなく2トップとも入れ替わる流動的な攻撃を演出した。

ST聖真 87分 6.0
流動的な攻撃のバランスを整えつつ、自らも絡んでリズムを刻む。結果があれば尚良し。

CFセルジーニョ 90分 6.5
合わせるだけに見えて高度な技術。イリュージョニストに囲まれて楽しそう。

【交代選手採点】

SH安部 22分 5.5
積極的な仕掛けからファールゲットでチームを助けた。ただ、役割はそれだけだろうか。

SH充孝 10分 5.0
復帰ファーストプレーがハンドリングというファンタジスタぶり。このチームのラストピース。待ってたぞ。

CF金森 3分 -
マイナスクロスは必死の足掻き。結果への渇望。次のチャンスをモノに。

【監督評価】

大岩監督 5.0
早い時間の先制から、試合の流れを鑑みても特にすべきこともない試合。高さに特徴のあるCBへ向かって蹴らせる狙いをハメて、狙い通りの勝利。


マッチレビューはこちら。