こんにちは。
都内から鹿島アントラーズを応援するとくちゃんです。


今更ですが、
ACL天津権健戦。

0-3の勝利でしたね!


鹿島アントラーズ公式ツイッターより。





試合開始前、
三竿健斗が、
指を3本立てて、
チームメイトに知らせていました。


「3バックだぞ」
と教えていたんですね。


4バックの予想をしてたようですが、
試合開始前の相手の組み方で、
すぐに気づいて、
選手間で意識を変える。


試合の流れで対応できる柔軟性、
すばらしいですね。


しかし、
試合開始直後は、
押し込まれる展開に。


鹿島の選手たちは、
なんだか体も重そう。


移動も長かったし、
台風でしばらく閉じ込められてたし、
で、
コンディションは今ひとつだったのかも。


そんな中、
パトを中心に攻め込まれますが、
悪いなりに、
引いてしっかり守って、
耐えきったのは、
素晴らしかった。


そして、
遠藤のコーナーから、
セルジーニョのヘディングで0-1!


これはデカかった。


これで、
鹿島の選手たちの動きが、
一気に良くなりました。


でも、
この日、
一番印象に残ったのは、
内田篤人。


とくに、
クォン・スンテがシュートブロックで前に出た隙に、
パトからシュートを打たれて、
「やばっ!」
と思った瞬間、
ゴールの前で内田篤人が弾いていました!


ここで防げたのは、
ほんと大きかった。


あれが入れられているか、
防げているかは、
その後の展開に大きな差が出たと思います。


その後も、
内田篤人の持ち上がりから、
遠藤にパス、
遠藤が倒されつつも、
内田篤人がそのまま駆け上がり、
鈴木優磨が流れて開けたスペースに、
安部裕葵が入って、
うまく当てて、
ゴール!


これで0-2。

この時点で、
2戦合計で4-0で、
ほぼ勝ちは決まり。


解説の城さんも、
ハーフタイムのコメントで、
「これでぜったいに決まりです!」
と、力強く断言されていました(笑)。


しかし、
天津権健の選手たち、
だんだんとラフプレーに走り始め、
見てて危なっかしい。


それでも、
点の匂いはしない感じ。


土居聖真が交代で入り。

セルジーニョとのワンツーから、
ゴール前から浮かせたシュートが入り、
0-3。


これでほぼ決まりました。


その後、
土居聖真が激しく膝を削られて、
ちょっと心配でしたが、
その後、チームからもとくにアナウンスはないので、
大丈夫だったかな?


パトも、最後の方は明らかに疲れてて、
前半の威力は感じませんでした。


最後まで、
0で抑えて、
そのまま勝利。


初のベスト4が決まりました!


次は、水原三星。


10/3にホームで始まります。


次ももちろん、
応援するよ!

---

ランキングに参加しています!
ポチッとしていただけると、嬉しいです!(*^^*)
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ