学習効果もあり、教員多忙化を救うICT化をなぜ全校展開しないのか? | かしのたかひとマインドマップ

かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

明石城西高校において、平成27年度から29年度に

タブレット端末などのICT環境を導入して実施されたICT利活用実証・研究事業では、

反転授業による学習効果や

教員の板書の効率化、教員間の情報の共有化などの効果が認められました。

 

であれば、来年度から県下の全校に導入するべきと強く要望。

 

教育委員会は55億円も予算がかかると及び腰ですが、

千年に一度起こるかもしれない災害対策費用300億円の一部を子どもたちのために使うべきだと私は思います。

 

タブレットも新品を買うから1台4万5000円もするわけで、

中古でも良いと思いませんか?

それなら一台3000円で売ってますから、

総額予算が5分の1の10億円で済みます。

 

5年償却にすれば年2億円で実現。

こどものために、やってほしいですね。

かしのたかひとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ