これ、本当に「○」ですか? | かしのたかひとマインドマップ

かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

9月10月本会議が終わり、

私は、「平成29年度兵庫県一般会計歳入歳出決算の認定」についてのみ、

反対しました。

 

その理由は、以下の通りですが、

皆さんはどう思いますか?

 

(反対討論主旨)

決算が適正であったかという観点とは別に、結果として成果が上がったのかという点において検証しました。

 

地域創生が重点施策である平成29年度の「活力ある兵庫実現プログラム」の取組状況は、

483事業の達成状況を◎は目標を超えて達成、達成率100%以上、○は目標を概ね達成、達成率90~100%、

△は目標をやや下回る、達成率70%から90%未満、▲は目標を下回る、達成率70%未満という

◎、○、△、▲の4段階で評価されています。総括として◎と○が77.9%、この数字を聞くと何となく「よく頑張った」ように聞こえます。

 

しかし、この483事業には「実施すれば達成」となる行動目標と、「実施した結果どういう成果が上がったのか」という成果目標が

混ざっており、特に本会議や決算委員会で何度も議論された重要施策の成果について具体的にみてみると、

とても満足できるものではありません。

 

例えば、評価が○になっている以下の事業は本当に○でしょうか。

 

出生数は44000人の目標を下回る42198人ですが、達成率にすると95.9%なので○の評価です。

合計特殊出生率も1.5の目標に対して1.47ですが、評価は○。

GDPも国を上回る成長率が目標ですが、結果は下回ったものの評価は○。

県内宿泊数は1450万人の目標に対して1389万人と61万人足らなくても○。

自殺者数も900人以下の目標に対して976人とオーバーしていますが○。

県内大学卒業生の県内就職率の目標31.6%に対して結果は29%でも○。

起業支援は185の目標に対して169でも○

住まいの耐震化の改修補助戸数は521の目標に対して484戸、累計も未達成ですが○。 

病院事業の損益は2億700万円の黒字目標ですが、目標額の半分の1億400万円の利益しか出ていませんが評価は○。

体感治安の向上も目標82%に対して76.1%ですが○

大学入学志願者倍率は7倍の目標に対して6.6倍ですが○。

これらの未達成を聞いて、本当に○と感じたでしょうか?

 

さらに、△や▲には、

病児病後児保育施設数の達成率31.8%、

転入超過数は目標の3倍以上流出、

空き家活用助成件数は41.8%

結婚支援による成婚数も200組目標に対して156組。

待機児童数は1137人目標が1988人に増加しています。

特別養護老人ホームの床数は達成率53%、待機者数も未達成。

がん診療連携拠点病院数は0%

本社機能立地件数は目標10件に対し、半分の5件。

潜在介護士の再就職支援の目標の74.3%

中小企業育児・介護代替要員確保の支援助成件数も48%、

外国人観光客数は 180万人の目標に対して157.8万人と22万人も届いていません。

スクールソーシャルワーカーを配置する中学校区数は56校区に対して41校区、73.2%で△。

森林管理の間伐は6024ヘクタールに対して約半分の3282ヘクタールで▲。

シカの捕獲は45000頭に対して37676頭で△

新規就農者も400人に対して279人と▲です。

 

重要な施策をかなり外しているように私は思います。

 

この状況で「約8割の事業が○、概ね達成できている」として、

これからの10年が今の延長戦上で執行されるのではなく、危機感と緊張感とスピード感を持って、

重要施策は必達してもらわないと、兵庫県の未来は危ういと思います。

 

結局、反対したのは、私と共産党だけ。

他会派は本当に、この成果で満足しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

かしのたかひとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ