情報編集力を養う教育改革 | かしのたかひとマインドマップ

かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

元旦の早朝5時、出席した朝起き会の会長先生の年頭の辞に

リクルートの先輩で奈良市立一条高校の校長の藤原和博さんの

話が引用されていました。

 

高度成長期はどこかに必ず正解があり、

その正解にどれだけ速く効率的に達することができるかという

「情報処理力」が重要でした。

成熟社会は、正解が無く、見えない中、

多くの情報から必要な情報を選び、組み合わせ、

最適な解を作り出していく「情報編集力」が

求められるという話です。

 

私たちが取得できる情報の数は

世の中に溢れている情報の500分の1にしか過ぎないと言います。

 

良い情報を見抜く力、不必要な情報を捨てる力、

溢れる情報を提供するメディアへの向き合い方、

社会の中適切な形に生成する編集する力。

 

こうした力を子供たちや若い世代に身につけてもらう教育改革を

ぜひ実現していきたいと思います。

 

私のライフワークでもある教育。

公教育での実現を目指しながら、

スピードが遅いようなら

自らも徐々に手掛けていきたいと思います。

 

 

 

かしのたかひとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス