出前相談で聞いた図書館の話 | かしのたかひとマインドマップ

かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:
妙法寺駅で声をかけてくれた方が
「日本の図書館」という資料を持ってきてくれました。

その資料によると
人口550万人の兵庫県の資料費予算は1800万円ですが、
人口が10分の1の58万人の鳥取県の資料費予算は1億円あります。


蔵書数は兵庫県が59万冊、鳥取県は100万冊。
受け入れ図書は兵庫県が1万冊(うち購入は4200冊)、
鳥取県は5000冊(うち購入は3200冊)。

雑誌購入数は兵庫が140、鳥取が450、
新聞購入数は兵庫が15、鳥取が32。

兵庫県は文教に力が入ってないのでは?とのご意見をいただきました。
で、文教常任委員会の議員はこの状況を知っているのか、と。

これは実態と背景を確認すべき事項ですね。

情報ありがとうございました!


かしのたかひとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ