HPVワクチン接種で逆に子宮頸がんが増えてる?(パート2) | レジデントたちのモノローグ

レジデントたちのモノローグ

鹿児島民医連の研修医ブログ。
鹿児島・霧島・奄美など県内各地の地域医療を支える初期・後期研修医たちの奮闘記!

こんにちは。後期研修医の◯◯です。

 

下記がHPVワクチン接種と子宮頸がん罹患率に関するweb記事(フランスの腫瘍医・外科医が記載したもの)です

 

PARADOXICAL EFFECT OF ANTI-HPV VACCINE GARDASIL ON CERVICAL CANCER RATE(子宮頸癌率に対する抗HPVワクチンガルダシルの逆説的効果)

http://docteur.nicoledelepine.fr/paradoxical-effect-of-anti-hpv-vaccine-gardasil-on-cervical-cancer-rate/

 

HPVワクチンの癌抑制効果がはっきりするまでには10~20年ぐらいかかる?と言われていますが、10年ぐらい経過しても統計学上このデータであれば、HPVワクチンそのものがとても子宮頸がんの罹患率を減少させる効果は持ち合わせていないと個人的には考えますが、どうでしょうか?

(パート3に続く)