レジデントたちのモノローグ

鹿児島民医連の研修医ブログ。
鹿児島・霧島・奄美など県内各地の地域医療を支える初期・後期研修医たちの奮闘記!


テーマ:

ヒロシです。

ようやく去年の上半期分が終わります。

ヒロシです。

 

ACP Journal Clubから, この日は糖尿病のお話。

メトホルミンは2型糖尿病治療の第一選択ですが, 使えない状況もいくつかあり, そのうちのひとつが腎障害のある場合, と言われています。

 

今回これが取り上げられたということは, 明確なエビデンスがなかったということでしょうか?

 

CKDでいうとstage G3以降の人が対象。

 

禁忌や慎重投与といわれている合併症のある人をある程度含んでいるものを選んできています。

 

 

 

CKD Stage G4~5の人は対象にはならなかったようです。

 

CKD・CHF患者での全死亡率, CHF患者での再入院率は下がっていますが, エビデンスは弱い?

 

まあ, ちょっといいかも?少なくとも悪さはしないようだ…というのが結論。

 

メトホルミンの前に, フェンホルミンというビグアナイド系の薬が世に出ましたが, 副作用のために消えていきました。

 

兄貴分がやらかしたから弟分のメトホルミンも副作用が疑われているけど, エビデンスがないし, さらには2型糖尿病治療薬の第一選択として長く君臨しています。

 

今回のレビューは, バイアスが中等度以上にある論文の寄せ集めになっている?

 

よく効いて副作用が少なくて安い薬で, 非の打ち所がないように思えます。

 

心血管イベントを減らすのは, 血糖を下げるだけが要因ではないかもしれません。

また, 合併症のある人に用量の調節が必要かどうかははっきりしません。

 

腎障害がCKD Stage4~5に進行していっても有効かどうかははっきりしていません。

 

他の禁忌がなければ, とりあえず試してみてもいいのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かみんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。