敗血症性ショックに対するEDGTは、通常治療よりも死亡率を低下させない(ACPjournal) | レジデントたちのモノローグ

レジデントたちのモノローグ

鹿児島民医連の研修医ブログ。
鹿児島・霧島・奄美など県内各地の地域医療を支える初期・後期研修医たちの奮闘記!


テーマ:

お疲れ様です。

後期研修医が多く集まる奄美中央病院で○○長をしている酒本です。今回は毎週火曜日定例のACPジャーナル抄読会の内容です。

 

約10年前ぐらい前に敗血症性ショックに対するEGDT治療が、脚光を浴びましたが、その後のRCTを追加したメタ解析です。

 

通常治療と有意差はないとのことですが、10年前に比べて敗血症による死亡率は低下してきているとのことで、EGDT治療そのものが否定されたわけではなさそうです。

かみんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス