逃げたザリガニは3ヶ月も風呂場で生きていた。 | オヤジ!牛が脱走した!! ~加勢牧場ブログ~

オヤジ!牛が脱走した!! ~加勢牧場ブログ~

新潟県長岡市(旧わしま村)で「ガンジー牛」と言う珍しい品種の乳牛を飼育している小さな牧場のブログです。「ガンジー牛乳」から作られるソフトクリームは、新潟で一番売れているソフトクリームです☆

こんにちは!

 

加勢牧場の跡取り息子の加勢健吾です。

 

今日は 「生命力」 に満ち溢れた ギンちゃん のお話。

 

 

ちなみに ギンちゃん とは、僕の長男が6月に川でとっ捕まえてきたザリガニの名前。

 

このギンちゃん・・・

 

お風呂場で水槽を洗っている最中に脱走を図ったのです。

 

そして、なかなか説明しにくいのですが、ウチは古いアパートなんで、その古いアパートの古いお風呂場・・・

 

浴槽と床との間に少し隙間があるのですが、その狭い隙間にギンちゃんは逃げ込んだのです。

 

で、どんなことをしても出てこず、そのまま3か月が経過した頃・・・

 

ギンちゃんをお風呂場で発見。

 

旅行や子供の入院やらで、何日も戻らなかった日もあるのに、彼は生きていたのです。

 

ギンちゃんは無事に捕獲され、その後、長男にとっ捕まった川に放流したのですが、ザリガニの生命力の高さに驚きです。

 

 

ザリガニの生命力もさることながら、そもそも 「生き物」 というものは、簡単には死なないのです。

 

僕は牧場生まれ牧場育ち。

 

幼少の頃から牛さんの生まれるところや死ぬところ、お腹を切って手術をするところを何度も何度も見てきました。

 

で・・・

 

体調を崩して立てなくなって、ご飯も食べない、水も飲まない・・・。

 

もうダメだね・・・

 

って状態になった牛さんも、実はなかなか死なないのです。

 

安楽死の薬も血管が細くなりすぎて入らない。

 

だから、そっと死ぬのを待つのですが、なかなか死なない。

 

多分、めちゃくちゃ苦しいとは思うのですが死なないのです。

 

「生命力」 ってかっこいい言葉にしてしまうと、なんとなくスゴイことのように思いますが、実際は地獄のような時間なんだろうな・・・

 

と、思えてならないのです。

 

ザリガニも牛さんも、言葉を発さないので実際はどのようなことを考えていたかは分かりませんし、うまくまとまらなかったのですが、そんなザリガニの珍事が発生した加勢家だったのでした☆

 

 

ブログランキングに参加しています。

もしよろしければ下の写真をクリックしてください。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 


人気ブログランキング