ジビエ振興に向けて | GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

山口県議会議員<長門市選挙区> 笠本俊也 -かさもと としや- ブログ

昨日、俵山温泉閣にて、猪鹿工房の主催により、

日本ジビエ振興協会の藤木代表、鮎澤事務局長をお迎えし、

鹿肉料理研修会・試食会が開催されました。

当会は長門地域にとってもせっかくの地域資源である鹿肉を

よりおいしく、より多くの方に食していただき、ジビエを通じて、

俵山地域が注目され、関係者に経済面でも元気になっていただきたい、

という、工房代表の増野氏の思いのこもった会で、

市内外の調理師さんやジビエファンが集い、料理法を学び、

そのおいしさを楽しみ、今後長門地域における手法等について

講師より提案も受けました。

 

今の時代、多種多様な食肉が社会にあふれる中で、

猪肉や鹿肉を実際に食することは、特にそうした動物の狩猟を

身近にも感じる長門地域でも意外と少なく、

そのおいしさやおいしく食す調理が分からない…お店でも使われない…

ゆえにジビエの拡がりが図れない…そんな状況ではないのか。。

 

実際に狩猟に携わる増野氏は、せっかく自然からいただいた命を

多くの方においしく食していただくよう、

狩猟の状況に応じ処理され、品質安定が保てない肉ではなく、

料理をする方々が肉を取り扱う原点である、

「衛生的な処理を通じた品質の良い肉」の提供に

自ら工房(処理施設)を作られて向き合い、

これまでジビエ普及に取り組んで来られました。

 

長門地域は漁業資源も豊かなまちですが、漁業の現場でも、

水揚げされた魚をよりおいしく食していただくよう、血抜きや

神経締めなど品質向上のための取組が進められていることは、

多くの皆さんもご承知の通りです。。

 

ジビエの普及に当たってはおいしさの提供役である料理人や

商品づくりに向き合う加工業者が求められますし、

何より、地元猟師の皆さんが適切な処理に向き合って下さる

ことが大切です。

それがひいては猟師さんはじめ、関わる皆さんの収入にもなっていく…

私もこうしたサイクルを実現して一つの生業のスタイルを作っていきたいと考えています。

 

こうした会の継続と食の実践を行うべく、行政の関係部署も

オンリーワンを活用したオンリーワンの魅力ある

地方創生の一つのモデルを作っていけるよう、

今まで以上に力を貸していかなければなりませんね。