県政報告・対話集会 | GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

山口県議会議員<長門市選挙区> 笠本俊也 -かさもと としや- ブログ

1月31日、日置古市地区で県政報告・対話集会を開催しました。

17時半からの開催で夕刻のお忙しい時間帯ではありましたが、

ご出席いただきました多くの皆様に感謝申し上げます。

古市地区では7年ぶりでしたが、私から長門市関連の今年度

事業や私自身が長門で取り組んでいることを

紹介させていただいた後、対話集会へ。

7年前よりさらに住民の皆様への地区内での生活サービス提供体制も

深刻な状況となっており、バスの運行や買い物の場づくりなど、

会場からは今後の在るべきまちの姿について、

ご意見やご要望も賜りました。

 

日置地区の中でも保育、小・中学教育機関、支所機能、

ATMや郵便局、介護サービスの提供体制、

JR駅、交通の起点等々の機能を有し、

同地区は世帯数も多く、生活条件の良かった地域にも関わらず、

時代の移り変わりの中で生活物資が近くで調達できない…、

病院機能がない…など、一部ではありますが暮らしに重要な

機能が提供できない状況が生じています。

 

山口県が中山間地域で目指す「元気生活圏」づくりを

住民の強い希望の元、進めていきたい思いはあっても、

市の考え方や、生活圏設定の上での運営体制や仕組みづくりを

先導して進めていくけん引役がいない…

分かっているのにずるずると時だけが経過してきた…

正にそんな状況だと思っています。

 

市だけで生活圏の考え方を住民の皆様に押し付けていくことは

当然出来ないでしょうが、この地区に事務局のある

まちづくり協議会と住民の皆様を交え、大いに協議をして、

欠けている生活サービス機能強化を目指すための

ご協力を取りまとめていかねばなりません。

私もいただいたご意見やご要望を関係部署と熟考し、

実現可能な事業に変えていくため、動いてまいります。