大西くらお日置地区励ます会 | GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

山口県議会議員<長門市選挙区> 笠本俊也 -かさもと としや- ブログ

18時半から地元日置地区の多くの皆様方のご出席のもと、盛大に開催されました。

地方じゃ何をやってもダメだという、住民の皆様のあらゆるチャレンジ精神まで、ともすれば奪っていた8年前の長門のまちに、
よし、思い切ってやって見ようじゃないか!と、まずは産業の元気を創ることから、大西市政自らが思い切ってチャレンジ。

過去の慣習やしきたりにとらわれず進めてきた様々な施策は、国や県の共感と地方創生施策の応援を得、動かなかった長門の、まち、ひと、しごとの歯車を、そして、この苦境を抜け出そうと、地に這いつくばって頑張っていた皆様のチャレンジ精神を、じわりじわりと動かしてまいりました。

夢や理想はあっても、まちの皆様の賛否の狭間で施策が打てない、政治がなかなか動かない、そんな地方のまちもあることと思います。

しかし、まずは小さな小さな地方都市、長門のまちの関係人口を増やし、まちを元気に、ひとを元気に、その元気の果実をこの地での暮らしの充実へ!と、
その首長の強い信念が、変わらなかったまちを変えてきたのだと、私は強く感じています。

大西市長からは、入をもって出るを制す長門市の財政の展望、豊富な森林資源の活用、市遊休資産の効果的活用、市支所や出張所でより細かに市民の声に応えていくため、支所、出張所長決済の財源の倍増確保、農山漁村、市街地に関わらず、高齢者や交通弱者に対するタクシー券配布と並行した福祉車両等の創設策、子育て世帯へは幼児教育、保育期間中の副食費(給食費)無料化、中学卒業までの生徒の医療費無料化など、市民各世帯の暮らしに配慮した新たな施策や、8年間で行き届いていない分野の施策についても、自らの思いを語られ、具体的にこれからの市政の対策対応もお話しになられました。

また、励ます会では、地元日置地区の若者や同級生からも、
大西市長の信念、そして国や県と思いを共有して実現してきた突破力を、さらにこれからの長門市のまち、ひと、くらし、しごとづくりに役立てて欲しい、と熱いエールが送られました。

あべ総理秘書、林よしまさ参議秘書、江島潔参議秘書、北村つねお参議顧問はじめ、ご来賓の皆様も多数ご臨席されました。

政治家、大西くらおのますますのご活躍を私も応援しています。