かさま歯科医院のブログ

かさま歯科医院のブログ

歯科に関するお話や院長の好きなことを綴ります。
kasamadental.com (クリニックHP)


テーマ:


歯の神経を取るってどういうこと?ー海老名のかさま歯科ー

 

神奈川県海老名市にありますかさま歯科クリニックの笠間です。

 

 

歯が痛かったり

 

痛くなくても虫歯が大きくて

 

神経を取らないといけませんね。

 

と言われた方も多くいらっしゃるかもしれません。

 

とりあえず何やっているかわからない人の方が多いと思うので

 

歯の神経を取る時に何をしているのか?

 

お話をしていきたいと思います。

 

 



■ 何で神経を取らないといけないの?

 

real-teeth004

 

歯の中には神経があります。

 

虫歯が進行してしまうと虫歯菌が歯の中にある歯髄(神経や血管、その他の細胞などから構成される)に達すると

 

炎症を起こします。

 

それで痛みが生じます。

 

そのため痛みを発している神経ごと取ってしまおうというのが抜髄(神経を取る)処置なのです。

 

今では神経を残す方法もありますが、今回は割愛します。

 

 

■ 実際の流れをお話ししましょう。

 

 

麻酔をします。

 

anesthesia010

 



 

被せ物や詰め物などを外して虫歯も一緒に取り去ります。

 

tooth-decay004

 



 

中の神経を取り去ります。

 

complete-recovery005

 

簡単いにいうとこんな感じです。

 

本物の神経はこんな感じです。

 

img_0464

 

 

■ わかりやく神経と呼んでますが、神経だけで構成されているわけではありません

 

前にも述べましたが、神経とはわかりやすく説明をしているだけで、本当は

 

神経や血管、様々な細胞を含んだ複合体です。

 

いわば脳みそみたいなもので、脳みそも神経だけではありませんよね。

 

神経も血管から栄養をもらわないと生きていけないのです。

 

 

■ 神経を取ると歯が弱くなるのか?

 

神経を取ると脆くなるのではないかと言われることもありますが

 

歯の強度はどれくらい歯が残っているかによります。

 

虫歯が小さくて歯がたくさん残っていれば強度もありますし

 

虫歯が大きくて歯がほとんど残っていなければ必然的に弱くなります。

 

痛くてどうしても我慢できないくらいなのに無理に神経を残す方が生活に支障も出ますし問題です。

 

 

■ 簡単に言えば、頭蓋骨を残して脳みそだけ抜き取る感じ

 

大変雑な言い方かもしれませんが、そういうことになります。

 



■ 神経を取ると歯が変色する

 

歯の中には神経や血管などから構成される歯髄というものが入っています。

 

基本的に中をきちんと綺麗にして血液色素などをきちんと取り去ればある程度変色は防げます。

 

つまり、歯の変色は処置の丁寧さにも依存するということです。

 

ただし、全く変色しないかと聞かれればそうではありませんので

 

ウォーキングブリーチと呼ばれる歯の脱色が必要になることがあるのです。

 



■ 被せ物はしっかりとしましょう

 

どんなにいい海苔やお菓子を買ってきても入れ物がダメなら湿気てしまいますよね。

 

ですので、きちんと密閉性の高い被せ物と良い接着剤を使って歯は修復したいものです。

 

 

 

かさま歯科クリニックのインターネット予約

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝




引用元:歯の神経を取るってどういうこと?ー海老名のかさま歯科ー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス