出版業界の斜陽化の原因は
本や著者へのリスペクトや
愛を失った結果。
だから本への愛を失った
出版社や書店が潰れるのは当然だ。

かつて出版業界には
出版文化を守る気概や
表現の自由としての本
言論の自由としての本
の役割を担っている自負があった。

しかしここ10数年の
出版業界のモラル低下は
すさまじい。
出版文化など
言論の自由など
どうでもいい。

ただ売れる本を作ることが正義。
ただそれだけだ。

売れる本を作るために
売れそうなテーマしか
作らない。
売れる本を作るために
売れている著者しか
本を出さない。
売れる本を作るために
ツイッターのフォロワー数や
ブログのPV数でしか
著者を判断しない。

売るために本を読んでもいない
著名人に帯を書かせる。
大事なのは誰に
帯を書かせるか。
そこに大金が注がれる。
著者への印税は安くても
有名人が一言
本の推薦文を書く方が
儲かるし売れる。

有名人や売れ筋著者に
3時間ぐらいしゃべらせて
それをそのまま本にする
お手軽本の横行。

売れ筋著者は各社
引っ張りだこだから
著者にはタイトルと目次だけ
考えてもらって
あとはライターが全部書くとか。

いかに売れる本を
ラクに早く作るか。
それしかのーみそがない。

こんなことがここ
10数年まかりとおっている。

結果どうなったか?
ネットとたいして
代わり映えのない内容。
似たような本ばかり。
ファンを持っている
インフルエンサーや
有名人のグッズでしか
なくなってしまっている。

そんな本作りをして
売れるわけがない。
だから本は売れなくなり
出版社はどんどん
リストラが進み
売れ筋の本ばかりしか
並べられない書店は
閉店する。

存在価値がないからだ。

皮肉なことに
Amazonの方が
出版文化や
言論の自由を守る
役割を担っている。

書店に並ばないような
売れ筋ではない本でも
Amazonに行けば購入できる。
電子書籍で誰でも
出版ができる。

Amazonが本に対する
愛があるのかは微妙だけど
日本の出版社や書店より
出版文化を守り
言論の自由を守る
役割を担ってしまっている。
そりゃAmazonの
一人勝ちになっても
仕方がない。

出版社も書店も
数字や儲けばかりしか
考えなくなった。
結果だんだん儲からなくなり
淘汰されることになった。

出版社の社長が
著者の販売部数を公表し
ディスる「事件」が
1年ぐらい前にあったが
結局出版社はもう
そんな雰囲気が蔓延している。

売れれば正義。
売れなければ悪。

長文読めない人が多いからと
字数を減らしに減らし
余白、空白だらけの
中身のない本を量産する。
資金繰りのために
本を厳選することなく
本を量産する。

印刷、郵送、返品の無駄。
これだけ環境重視の時代に
どれだけ無駄なことを
しているのだろうか。

今の出版業界は
本や著者に対する
愛がない。
自分たちが食うために必死。
儲かればそれでいい。
数字さえ取れればそれでいい。
それしか考えていないから
どんどん見放され
本離れも進むのです。

もちろん矜持を持って
本作りに携わっている
編集者はいっぱいいる。

しかし編集なんかより
営業や経営陣や
書店の意向で
売れそうな本しか
作れなくなる。
売れそうな本に
変えられてしまう。

地方の小さな書店にも
かかわらず
お客さん一人ひとりの
ために一万円分の本を
選んで送る「一万円選書」が
人気の書店がある。
いわた書店というところだ。

小さな地方書店で
普通に営業してたら
潰れてるだろうが
一万円選書という
アイデアで生き残っている。
これなら書店の存在意義がある。
だから生き残ることができる。

売れ筋の本だけ並べる
出版社や書店は
本や出版文化に愛がない。
だから潰れるのです。

むしろAmazonの方が
出版文化を結果として
守っているという皮肉。

本は素晴らしい。
本ほどコスパがよく
体系的に知識を学べたり
楽しい時間を過ごせるものは
なかなかない。

売れ筋の本ばかりを
作る出版社や書店は
どんどん淘汰され
Amazonの一人勝ちになるだろう。

もしこれから
出版社が生き残るなら
本や著者への愛がある
編集者だけ残して
電子書籍で本を売ればいい。
そしたら紙の本を出す
莫大なコストや
無駄な人件費はいらなくなり
ロングセラーでも
ニッチな本でもいい本を
作れるようになる。

紙の本が欲しい人には
まだ日本のAmazonは
対応していないが
オンデマンド印刷で
送付すればいい。
そしたら在庫リスクもなく
資源の無駄もまったくない。

ネットで有益な情報が
見れる時代。
Youtubeで有益な情報が
見れる時代。
著者や有名人が
ダイレクトにネットを介して
文字や画像や動画を
提供できる時代に
愛のない出版社や書店は
この先もどんどん
潰れるだろう。

きっとその方が
出版文化は守られるはず。

 

<時代はセルフ出版の時代!

AmazonKindle電子書籍出版セミナー>

・2020/1/23(木)横浜鶴見

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12550870856.html

・2020/1/28(火)夜:東京飯田橋

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12567017318.html

・2020/1/29(水)函館

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12550870788.html

・2020/1/30(木)大阪

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12553561278.html

・2020/2/22(土)帯広

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12552920190.htm

・2020/3/3(火)浜松

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12558735019.html

・2020/3/10(火)福岡

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12564484260.html

 

*電子書籍講義データは販売中

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12560462084.html

 

<スペシャルセミナー>

・2020/2/28(金)横浜鶴見

ネット発信戦略セミナー+プレゼン大会

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12560462115.html

 

<残り4期で終了のかさこ塾>

2020年2月スタート

関西最後の大阪かさこ塾

残席10名!

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12544613661.htm

 

ブログは2000年2月から19年毎日更新!
フォローしていただければ!リブログ、紹介大歓迎。

かさこツイッター(フォローどうぞ)
かさこフェイスブック(フォローどうぞ)

 

・動物動画やブログ術、旅動画など

様々な動画をほぼ毎日更新!

かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

 

・生き方・働き方のヒントになる

無料冊子「自分探しガイドブック

〜かさこマガジン9」無料配布中!

他人軸から自分軸へのヒントになります!

欲しい方はフォームにどうぞ!

申込フォーム

 

・漫画・アニメ・ゲームなどのための

背景資料集続々出版!

スキャン・トレース・加工OK!

全写真PDF送付!

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12496546211.html

 

・会社員副業時代を生き抜く

パラレルキャリアの解説本好評販売中!

https://amzn.to/2xe4Xf

 

<初心者でもスマホでもOK!

写真がうまくなる写真講座>

*講義データ販売中

https://ameblo.jp/kasakot/entry-12446314134.html

 

取材・撮影・執筆・講演依頼は

kasakotaka@hotmail.comまで。

 

・夢を叶えるかさこ画伯絵を
ハガキに描いておくります。
1枚670円

申し込みフォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfMJ_K0gu_O_i3W3bIJK74M4N9qpzzDzjw2lBp6-wrRh3HtVA/viewform

 

・メッセージソング詩集の集大成!

生き方・働き方のヒントになる

かさこオリジナル曲41曲の歌詞が

掲載された料冊子「かさこ音楽マガジン2」を

無料配布中!欲しい方はフォームにどうぞ!

音楽マガジンフォーム

 

かさこが提供する7つのサービス

1:取材、執筆、撮影あわせてできる

カメライター(カメラマン&ライター)

2:背景資料集、ブランディング術など

電子書籍の出版・販売

3:学校講演、企業講演

4:全4回かさこ塾:5万円+税

5:初心者向け写真講座:4500円(税込)

6:ギター弾き語りライブ

7:画伯:好きな絵を描きます

お問い合わせ先
kasakotaka@hotmail.com

 

・独立起業に役立つ96ページの無料冊子配布中!
在庫がなくなり次第配布終了。欲しい方はお早めに。

独立起業の教科書

 

かさこマガジンを無料で

もらって申し訳ないという方は

Amazonで何かお買い物する際

下記リンクより購入していただけると

ありがたいです。

Amazon