北海道 登別カルルス温泉 森の湯 山静館 若女将日記

北海道 登別カルルス温泉にある【森の湯 山静館】の若女将日記です。
全室18室の山間の宿。源泉掛け流しのお風呂に、名物は主が作る【地鶏のたたき鍋】。
まったく不定期ですが、日頃の様子でも垣間見てください。
http://karurusu.com/


テーマ:
探し物はなんですか〜♪
見つけにくいものですか〜♪
で…探していたものは見つからなかったのですが、
7年前の11月に99歳8ヶ月で、この世から旅立った大女将の追悼記事が出てきました。

北海道新聞さんが書いてくださいました。
99歳で【元女将】ではなく
【大女将】の肩書きで訃報を出した件に興味を持って頂いたのが始まりでした。

結局、通夜の朝から
告別式を終えて帰宅するまで
ずーっと記者さんの密着になったのは裏話。

{52A7EA98-309A-4029-93C6-D67868B85C68}


亡くなる前の年まで、お客様と風呂の前で、
ベンチに座って話しておりました。
とっても、とんちのきいた大女将。
昔からのお客様ならご存知の定位置。

{78E8913E-DFB9-4968-82F7-0F434D17C137}




『お前が生きていくこれからの時代は
男に負けていい事は何1つない。
なんでも1番を目指しなさい』

木登りしても、お転婆しても
手を叩いてる【よく出来た!】と笑ってくれる
祖母でした。


だから、こんなのが育っちゃたんでしょうね(笑)

でも、日本舞踊に民謡…
お稽古の時間になっても、逃げ出して
スキー場から帰って来なくなった時は
怒っていたのを覚えてます。


{ED4BAB4E-335C-485B-9F90-ACC25B909A2B}

この記事の写真。
あの当時、買ったばかりのこのカメラで
撮った写真。
『そんなに撮ったらフイルム無くなるよ』
新しい物も大好き。
デジカメを説明したら
『よく分からないけど、いっぱい撮れて
お金がかからないなら、みんな幸せだね〜』
笑ってたのが昨日のよう…


葬儀も済ませ
この追悼記事を読んだお客様から
続々と届いた
『あのお風呂の前でお話頂いた事で
私は救われたんです』
そんなお話…


何を話してたのかな〜。

仕事に行き詰まると
今でも1番話したい人。
私の祖母。


【お天道様の下を、お天道様に向かって歩け】

本当に私の思う。
明治の強い女性でした。

まだまだ、まだまだ。
私はまだまだ(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

若女将 おりえさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。