4月21日に
大好きだった父が急遽しました



ピンピンコロリというやつで
亡くなる前日まで、いつも通り元気で、
ゴハンも盛り盛り食べて、お風呂に入り、
フトンに入り、そのまま。



いつも早起きな父が起きてこないので、
母が見に行くと、
もう冷たくなっていました



死因は、急性心筋梗塞だった



父自身も、

カバンに明日でかける用に
ペットボトルにお茶いれてたり、
お小遣いをおろしていたり、
日記がいつも通〜りだったり、
訪問宅で「また明日」と言っていたり、


死ぬ気はさらさらなかったんやろなと分かる


なんでうっかり死んじゃうんかな〜〜



入院して看病のすえとかも大変だと思うけど
こんなにいきなり死なれても


通夜、葬式、
死後2週間以内にする役所手続きを終えた今でも


家族はまだ狐につままれた感じで
イシキがフワフワしたまま
やらなきゃいけないことを
戸惑いながらただやった感じ


キジ猫の死にやっと慣れてきたかなの矢先で、
ひたすら茫然としたり
なにかの拍子で号泣したり
もう情緒がグルングルンです


やることも全部途中のまま押してるし
東京のしごともあるし、
じょじょに戻していかなきゃ


ブログも、
しばらくはあいたり、
連載漫画の告知のみになるかもしれません


けど、ちゃんと改めて漫画にして
父のことは描きたいと思ってます


とりあえず、
やっと手続きなどがおちついたので


あたたかく見守っていただければ幸いです



形見の父の結婚指輪は、
わたしが受け継ごうと思ってる