そして我が家も

1月に入ってからインフルエンザが大流行ゲホゲホで、診療中に何度もこのフレーズを口にしてきました。

 
「インフルエンザは、熱が下がってもしばらく保育園や学校はお休みで…」
 
 
先週学級閉鎖あけの次男が、
「なんかね、下を向くと頭が痛いんだよねー」と。
嫌な予感びっくり
一晩寝て起きてもまだ痛いと言って、微熱が出始めました。
 
しばし考える私…
学校はお休みだな。
んー朝6時半か。
実家の母はインフルエンザで発熱中。
仕事は急に休めないし、誰にヘルプを出そうもやもや
 
考える私を横目に、しれーっと仕事に出かける夫あしあとあしあとあしあと
 
いつも頼みの綱のファミサポさんにメールをすると、なんとファミサポさんもインフルエンザにかかってしまったとのことガーン
 
こうなったら義実家に頼むしかないタラー
 
義実家はリタイア後の夫婦二人暮らし、普段から何かあれば言ってねと声をかけてくれる頼もしい存在です。
でも車で1時間ほどかかるし、嫁としてはやはり遠慮しがちな存在アセアセ
 
でもね、今回はどーにもならないので、
早朝にも関わらず義父母へ電話、
見守りOKと返事をもらえて ひと安心です。
 
次男はインフルエンザに違いないので、義父母にマスクを準備して出勤しました。
 
夕方帰宅してみると、用意したはずのマスクはテーブルに置かれ、義父母は「あらー、マスク用意しておいてくれたのね」とアセアセ
 
無防備にもインフルエンザ疑いの次男の咳を浴びながら、半日看病してくれました。
 
翌日次男は高熱になりインフルエンザと確定。
 
もれなく3日後に義母が発熱ガーン
 
お義母さん、ごめんなさい!!
 
 
誰のせいでもないけれど、色々とどうにもならないことが多くて困りますが、
 
次男が高熱になった日は、インフルエンザで高熱なときくらい看病してあげたいなと思い、他の先生方に協力していただいて診療を代わっていただいて1日お休みを頂きました。
 
熱は2日だけで元気になって、今は登校停止期間中ブルーハーツ 
私の母の見守りの中、家の周りを散歩したりのんびりしていますおねがい
 
 
自分にこういうことがあると、子育てしているお母さんが働く大変さと、それを続けるには職場を含めた周りの理解と協力が絶対に必要だなと、改めて思いますキラキラ
 
世の中のパパママ、がんばれイエローハーツ
 
院長 江田