子どもが夏休みに入ったので、半年ごとの定期検診のため

歯医者さんを予約しましたひらめき電球


3歳の次男は、毎回歯医者さんのドアを開ける前から

大泣きで大迷惑しょぼん

毎日の歯磨きも、最近まで大騒ぎで大変でした・・・


今回は自宅からすぐの歯医者さんを初めて予約しました病院

初診でどれだけの大泣きを披露するのか、少々不安で

受診の日を迎えました。


受診をしぶる次男に私は、

「虫歯が出来たら痛いし注射するし大変なことになるから、

虫歯が大きくならないうちに行かないとダメだよ!」

と、半ば脅して車に乗せましたショック!

(脅しはいけません。これは多分後ろ向きでダメなやり方です注意


まず歯科衛生士さんのチェックと問診です。

私は「いつも大泣きで大変なことになるので」と先に謝っておきました。


歯科衛生士さんは女性で、落ち着いた口調で次男に話しかけてくれました。


「こんにちは ○○くん、今日はママと一緒にがんばろうね!」

「今日はね、この鏡と棒でお口の中を一緒に見ようね、できるかな~?」


優しい言葉かけと子どもに合わせた丁寧な説明に、

次男は素直に診察台へゴロンビックリマーク

奇跡ですクラッカー


その後登場した歯科医の先生が、なんと女性!(次男は女性好きですドキドキ

「虫歯はないようですので、今日は上手にお口を開けて、

前歯2本だけクリーニングの練習をしましょう。

慣れてくれば奥の方までしっかりクリーニングできるようになりますよ!」


次男の様子と先生の説明に、感動して泣きそうな私・・・



歯「今日は何の味でお掃除しようかな。バナナと、桃と、ブドウと、イチゴと・・・」

次「イチゴ!!」

歯「は~い、じゃあイチゴさん付けてお掃除しようね!

すごく上手だよ~!」


最後にお褒めの言葉をいただいて、みごと歯医者さん好きに変身しました音譜

この後の受診も全く嫌がることなく、奥歯までのクリーニングが完了しました!


毎回感動するのが、先生や歯科衛生士さんが子どもに分かり易いように

丁寧に説明してくださることです。

風が出るシュッシュッっていう機械は、口に入れる前に子どもの手に

風をあてて体験させます。

口の中の水を吸う機械も、掃除機に例えて

「ほらね、コップのお水を全部吸っちゃった~」と見せてくれます。


そうやって子どもが心の準備をする時間をくれると、

ちゃんと理解して出来るんですねラブラブ


私たちもこのような姿勢で診療していきたいと、再認識させられる

良い機会をいただきました。



院長 江田