こんにちは、karinatatsuoです。

こちらは信長のところよりも先に出すべきだったのですが、更新障害などで消去されてしまったので、頑張ってもう一度作り直しました。順番が悪くて本当に申し訳ありません。頑張りますのでよろしくお願い致します。


 さて今回のテーマは、『戦国大名の支配方式』 というわけですが、戦国大名だってたった一人では敵に勝つことはできませんね。ですから家来とか、自分を支持してくれる人たちを仲間に入れて、そして戦っていくわけです。

 それでは早速、『戦国大名の支配方式』 はじめます。


< 家臣団の編成 >

 戦国大名たちは、自分たちが支配する地域にいる武士たち、これを家来にして家臣団を編成していきます。その家臣団は、惣村などでパンチ!有力だった武士・地侍(ジザムライ)や、地元土着パンチ!の武士・国人(コクジン)で構成されます。


 ひらめき電球ただ、家臣団に組み入れたからといって、家臣みんな同じ仕事あせるをするわけじゃないんですね。

それぞれ持っているスキル銀行とかが違いますから、やることができる仕事が違うんです。だから、大名としては家臣の家の事情を知らなければいけないわけです。

 どうしてかというと、お金があんまり入ってこないのに、それ以上の仕事をさせられたってできないガーンですし、もしやれない仕事をやらされた場合、家臣たちは大名からガーン離れていってしまうんです。つまり、大名への信頼がなくなっちゃうガーンわけです。だから、大名は家臣のサイフの中を知り、それに応じて仕事を決めるクラッカー必要があるんです。


 だから、家臣の収入額を、銭¥に換算した貫高(カンダカ)で把握して、家臣の地位とか収入を保障クラッカーし、貫高に見合った一定の軍役(グンエキ)を家臣に負担させるわけです。これを¥貫高制(カンダカセイ)といいます。簡単に言えば、

 収 入          軍 役

  多い右矢印 多い

 少ない右矢印少ない といった感じですね。


 さて、このように家臣の信頼を得るクラッカー必要があるわけですが、人数が多ければ全部知るのはムリがありますよねかお。だから、手裏剣手裏剣有力な家臣(寄親)に、地縁関係のある地侍手裏剣などの一般家臣(寄子)をあずけて組織化する、手裏剣寄親・寄子制(ヨリオヤ・ヨリコセイ)がありました。簡単に言えば、「同じ地元出身だから、その地域でグループ組んでね。」という感じですかね。これにより集団戦手裏剣手裏剣手裏剣が可能になります。


              大   名

    ┌―――――― │――――――┐

   寄親手裏剣      寄親手裏剣    寄親手裏剣

    │          │         │

  ┌┐――┐     ┌┐―┐     ┌┐―┐

寄子寄子寄子手裏剣 寄子寄子寄子手裏剣寄子寄子寄子手裏剣

 

 (細かい内容ですが、)寄親には一族衆という一族のひとや、血縁関係のない譜代衆などがおりまして、知行地が給与として与えられます。一方寄子には足軽などがなり、加地子(カジシ)という土地税を取得する権利が与えられました。

 これらの人々は主に、戦国大名と主従関係を結んだ人たちですが、そうじゃない人もいました。そのような主従関係を結ばない人を、国衆(クニシュウ)とか外様衆(トザマシュウ)と呼びます。

< 分国法(ブンコクホウ) 家法 >

 上のようなことをどれだけしても、やはり家来の間での争いとか、ちゃんと支配できないなんてこともありますよね。そんなときには法律本が必要だとういうのは、今も昔も変わりません。

 戦国大名は、自分のもっている国を支配する基本法として、本分国法を作ります。これは本幕府法・本守護法・本国人一揆の規約などを吸収したものでした。ちょっと分国法の中身を見てみましょう。


 本戦う際には家臣間のキズナが大切です。なのに仲が悪くてプンプンケンカプンプンすることだってありますよね。そこで分国法には、本喧嘩両成敗法(ケンカリョウセイバイホウ)というのがありまして、家臣どうしが勝手に戦うことを禁止禁止します。「家臣どうしで争うな禁止」ってことですね。これは後にお話しますが、秀吉の惣無事令(ソウブジレイ)に通じるものでした。ここでは惣無事令には詳しく触れません。


 そして勝手に同盟を組んだりすると、支配が及ばなくなってしまいます。何が言いたいかわかりますね。同盟もダメ禁止ってことです。領地を自由に売り買いするのも禁止しましたし、嫡子(チャクシ)が単独相続することを決めたりもしました。


 「えっ、なぜ単独相続なのはてなマーク」と思うかもしれませんが、鎌倉幕府が滅びていく原因のひとつはなんでしたかはてなマーク そう、それは「分割相続」でしたね。分割相続ってことは、もともとあった土地は持っている人が死んでいくごとに小さくなっていくガーン。そうすると収穫できる米などの量が少なくなって、貧しくなってガーンいってしまう。そのため武士たちは幕府に反対プンプンしていくわけでした。

 ひらめき電球ですから、しっかりと支配するには、単独相続のほうがいいわけです。と考えておけばいいですね。


 そして、犯罪の連帯責任汗を犯人の親類などの血縁関係のある人に負わせる縁坐制(エンザセイ)、血縁以外の犯罪の連帯責任汗制の連坐制(レンザセイ)も特色として記されていました。


< 領民の支配 >

 まずは農民の支配を見ていきましょう。

 サーチ指出検地(サシダシケンチ)で耕地面積と年貢量を自分で申告をさせて、検地帳に登録します。ひらめき電球ここで注意です。年貢量は収穫高のことではありませんよ。収穫高全部持ってかれるわけじゃなくて、サーチ収穫高の一部を年貢として納めるわけですから、別のものなんです。いいですかはてなマーク


 次は商工業者の支配です。

自分の支配している国の中にいる商工業者、これを統制し、武器手裏剣などの物資を生産することや調達することをさせました。その結果、城や城下町ビルの建設、鉱山富士山の開発、大河川波の治水・灌漑などを行うようになります。

例として、

 ¥金山・・・甲斐・駿河・伊豆   ¥銀山・・・石見大森(イワミオオモリ)・但馬(タジマ)

 などがあります。ちなみに石見大森では、神谷寿禎(カミヤジュテイ)という人が紹介した灰吹法(ハイブキホウ)により、¥銀が採取されました。


 次は城下町についてです。

 城下町には、家臣や、経済¥の発展を願って商工業者を集住させます。経済発展¥を願ってといいましたが、ただ集住させればいいってモンじゃないですよね。そこで、関所を廃止し、市場を開設したりなど、商業取引¥を円滑化します。

 そして、みなさんが一番知っていると思われる、¥楽市令(ラクイチレイ・楽市楽座令とも)を出して、自ら楽市を新設したりします。

ここでわかっておいてほしいのは、楽市とは自由な商業取引を決め事にして、市座という販売座席や市場税¥を設けないことをいいます。販売座席なんて置いたら、独占が起こったりしますし、市場税をとったらみんな出てっちゃうからね。

 さらには交通制度を整備するなど、様々な事業を行いました。


 今回はこれで終わります。お読みいただきありがとうございました。

それでは!!!



AD