和洋スイーツ大好きだし、子供の頃のおやつといえば、パンケーキ。なじみのあるパンケーキも、今はとても進化していて、フルーツや生クリームがふんだんに使われていたり、生地にココアなどが練りこまれているものもありますよね。


みんなのパンケーキ部主催の試食会で、10/2に横浜中華街にオープンした、雪ノ下さんにお邪魔しました。横浜って、パンケーキの激戦区らしいの。だから、満を持しての登場ですね。


みんなのパンケーキ部の詳細はコチラ

雪ノ下の詳細はコチラ


大阪発のパンケーキ屋さんで、大阪では超人気店だそう。旬のフルーツを使ったかき氷も有名だそうですよ。今は、銀座や立川など、関東でもカフェをオープンしています。


なんといっても名物として知られるのは、5cm厚のパンケーキ。そのボリュームには驚かされます。ボリュームもさりながら、着目したいのは、雪ノ下では、日本中の美味しいこだわりの食材を使用しているのが特徴。水も卵も牛乳も、産地にこだわっていいものしか使わないという徹底ぶり。






美味しさと安全にこだわっているからこそ、実現できるお味なのですね。


フルーツもその時においしいものを提供してくれるから、はずれがないのがいいですよね。


パンケーキの試食と聞いていたのですが、同じく名物のかき氷も出していただきましたが、まずはパンケーキのご紹介を。


どのパンケーキも厚みがあるから、焼きあがるのに20分くらいかかるそうですよ。一つ一つとても丁寧にに焼き上げています。


発酵バター 蜜柑蜂蜜を添えて。

これがいちばんスタンダードなパンケーキというんでしょうか。まったくくせのない、老若男女受けするパンケーキがこれだと思います。蜂蜜の甘さも程よく、ぱくっと食べてしまいます。この日はいろんなお味を試食のため、全部食べたわけではないんですけどね。




宮崎県産紅さつま芋 モンブラン仕立て。もう見た目が、ケーキのモンブランですよ。トップにのっている、さつまいもチップスが香ばしそう。そういえばこれ、試食でてこなかったなあ。モンブラン好きの私としては、食べてみたかったなあ。




ココアチョコの黒 ヘーゼルナッツとホワイトチョコガナッシュと。この試食会ではいろんなものをシェアしていただくスタイルでの試食でしたが、参加する前は一人ひとつ選ぶのかなと思い、事前にメニューチェックをしていて、選べるならこれを選ぼうと決めていたパンケーキがこれ。


チョコ風味が濃く、パンケーキというよりファンダンショコラを思わせるお味。中の生地がしっとりしていて、チョコがとろけている感があるんですよね。ヘーゼルナッツも香ばしく、チョコ生地とベストマッチング。期待を裏切らないお味でした。チョコ好きにはたまらないお味ですね。






練乳ミルクの白 長野県産ブルーベリーで。

練乳オンパレードのパンケーキで、生地にも練りこんであるのに、さらにアイスものせていて、それにぶるーベリーソースがトッピングとして添えられています。


ブルーベリーがおいしさの中にも、酸味があっておいしいの。




静岡 牧之原茶の緑 国産純生クリームと粒あんで。

濃厚な抹茶を練りこんだ記事に、生クリームと2種類の豆がのっています。お豆がつやつやとおいしそう。抹茶とクリームをお豆の三重奏が絶妙。抹茶好きにはたまらない一品。






よつ葉 クリームチーズとサワークリーム 国産純生クリームと。

実は今回のメニューで一番気に入ったのが、こちら。生地そのもクリームチーズが練りこんであって、他のものとは生地そのものが違う。ふんわり感が一番あるので、時間が経過してしまうと、すぐにぺしゃんとつぶれてしまうから、ほかほかの内にいただくのが正解。クリームチーズのおいしさが引き立つ一品。




期間限定の梨のパンケーキ。

梨がボリューミーでね、フルーツのおいしさがパンケーキの美味しさをひきたてている一品。しかも、梨が生地の中にも練りこまれているのを発見。パンケーキの上だけではなく、中にもいれてある気遣いがうれしいですね。これ、実は2番目に気に入ったパンケーキなのです。旬のフルーツをアレンジして作る絶品パンケーキ。







続いて、かき氷です。

最初見たとき、小さいなと思ったけれど、食べてみると味が濃厚だから、ちっとも小さいように感じないのですよ。


かき氷のこだわりは、水を加えず、原料をそのまま凍らせて削るから、100%素材だけで出来上がっているのです。


静岡藤枝産苺氷。色がきれいなかき氷。食べてみると、味が濃く、イチゴの酸味のバランスもちょうど良いのです。中に練乳アイスが入っていて、苺氷の味に飽きたら、練乳アイスで味を変えることができます。イチゴ、大好きなフルーツなので、これはおいしかったですね。かき氷というより、シャーベットに近い感じかな。色が鮮やかなのもいいなあ。




どのかき氷もそうなのですが、食べてみると、いままで他で食べていたかき氷って、いったんなんだったのかな?と思ってしまうんですよね。ほかのところは、削った氷に、シロップと上からかけてかき氷としているけれど、雪の下は素材を凍らせて、そのまま削っているので、100%なわけですよ。


この違いは一目瞭然で、味にそれがしっかりあらわれています。このかき氷を食べると、他のところのが食べられなくなりますね。



新潟県産梨氷。今が旬の梨をそのまま凍らせて削ってできたのが、これ。美味しかったな~梨のうまさがそのまんまでてるんだもんなあ、美味しいわけだ。同じく中に練乳アイスが入っているので、二度お味を楽しめます。



堀口珈琲氷。ドリップしたコーヒーを凍らせて削ったのがこちら。コーヒーの味そのままが生かされています。ちょっぴりコーヒーのほろ苦さを感じる一品。同じく練乳アイス入り。




知黄金生姜氷。
こんなかき氷を食べたのは初めて。しょうが味のかき氷なんて意外でしたが、これがね、美味しいのですよ、もちろん。しょうがの香りと味がしっかり氷にでているのですが、摩訶不思議なお味で、うっかりはまってしまう人が多そうなのも、こちら。実は一番気に入ったのもこちらで、試食会メンバーも一番食べたのが、こちらではなかったかな。人気があるのもうなづけます。練乳アイス入り。

黒蜜きなこ氷。黒蜜が氷の上にかけられたソースと勘違いししまいですが、その実逆で、氷が黒蜜でできていて、色の濃いソースがきなこのお味なんです。きなこがまんまきなことでちょい新鮮な驚きです。もちろん、美味しくて、これも大人のお味ですね。練乳入り。



京都森半抹茶氷。色がとても鮮やかなグリーン。抹茶そのものですね。抹茶の味が濃くて、上のお豆もおいしくて、中の練乳アイスと食べると、これまた絶妙なお味。氷そのものが抹茶の味なので、抹茶好きには気に入られるでしょうね。


これだけね、氷の食感が違うんですよね。氷の形も縦型に割れているというか。ザクザクといった感じですかね。




大美伊豆牧場牛乳と長野県産ブルーベリー氷。牛乳が美味しいから、氷にしても美味しい。この氷はサクサクふわっとした食感。淡雪のようなといでもいえばいいでしょうか。ブルーベリーの甘さと酸味が牛乳かき氷と合いますね。練乳アイス入り。




ドリンク編。まずは大美伊豆牧場牛乳をいただいたのですが、牛乳の甘さがあって濃いんだけど、さらっとしたお味。牛乳が苦手な人でも、飲みやすいんじゃないかな。パンケーキと合うだろうなあ。今回の試食会では、パンケーキの出された時間帯と合わなかったので、味のコラボは楽しめなかったんですけどね。お代りをしたくなる美味しさです。





ロイヤルミルクティ。もちろん大美伊豆牧場牛乳を使ったもの。今回はアイスでしたが、ホットでいただきたら、パンケーキとベストマッチングですね。




ジンジャーエール。これ、まさにジンジャーエールっていうんですね。いままで飲んでいたのは、きっとジンジャーエール風の飲み物だったんだなと思わせるくらい、しょうがの味が濃い!そして、美味しいし、甘いものと立て続けに食べた後は、このジンジャーエールを飲むことで、口の中がさっぱりします。今回提供いただいたドリンクで一番気に入ったのが、こちら。リアルジンジャーエールですね。




お店は席を広くとられていて、木のぬくもりを感じさせるような店内。ディスプレイもいろいろとこじゃれています。お手洗いもオシャレ感がありました。こういうお店は女性がとても気に入ると思います。








店長をはじめ、店員さんも男性ばかり?なんですかね?女性は行きたくなるかも。


みんなのパンケーキ部の詳細はコチラ

雪ノ下の詳細はコチラ


今度はプライベートで訪れたくなるお店です。

みんなのパンケーキ部様、雪ノ下様、有難うございました。


#みんなのパンケーキ部 #パンケーキ  #雪ノ下 #カフェ