ごじゃっぺ

これは 茨城弁の代表格みたいになってますが、

意味は 「いい加減な」 「ダメな」 のような意味で使います。

 

茨城弁は 「ごじゃっぺな言葉」を並べたものだと思って居たのですが、

最近は そうでもなさそうだと思うようになってきました。

 

 

 

以下、すべて私の個人的な意見です。

 

死語になってきた茨城弁。

昭和初期生まれの人達の会話を生で聴いてきた私が、思い出すままに

ブログを自分の備忘録として書いていきたいと思います。

「えー!昔は、こんな言い方してたんだ」 程度に見てください。

 

茨城弁嫌い。恥ずかしい。

純粋な茨城弁は、「か行、た行」にやたらと濁点が付いたり、語尾に「べ・ぺ」がついたりと

あまり綺麗な言葉とは言えないと思います。

県外の方からは、「いつも喧嘩しているようだ」と言われたりしました。

でも、茨城弁 嫌いではありません。

これも茨城県の魅力の一つだし、なんとなくですが日本の古い時代の言葉遣いの名残を

感じることがあるからです。

 

「だっぺ」って?

たとえば、田舎言葉の代名詞みたいな 「~だっぺ」は、古語「~べし」(助動詞)

変形だということをTVで観たことがあります。 「あーなるほど 古語かぁ!」って思いました。

この 「だっぺ」も 地域によって言い方が違い、「だへ」と発音する所もあります。

ですから、一口に茨城弁と言っても 「うちの方では違う言い方するよ」 ということも

あると思うし、早くから市街化が進んだ地域では ある程度年配の方でも

ほとんど使われないでしょうから、若い方は耳にする機会も少ないのではと思います。

 

茨城弁=古語?

さっきのTVの話をヒントに、茨城弁を古語として考えてみる事にしました。

すると、意外に似たような所があったりします。

こじつけみたいな所もありますがご容赦下さい。

 

茨城弁にこんな言い方があります。

「なじゅーすっぺ」

これは困った時、「どうしましょう」 という時に使います。

「なじゅー」は 「どのように」 「どう(する)」 という意味で使います。

例 : 「タイヤが溝にハマッチッタ、なじゅーすっぺ」

    (タイヤが溝に落ちてしまった、どうしましょう)

 

今時こんなこと言う人いる?って言われそうですね。

(私の周りでも、最近はほとんど聞きません。 ふざけて使うことはあるかもです。

また地域によって、多少発音が違うかも知れません)

 

古語に「なでふ」と書いて 「なじょう」(なんじょう)と発音する言葉があります。

意味は どういう。何という」 または 「どうして…か。なんで…か。」 など・・・

 

この 「なじょう」 と 「なじゅー」の発音が似ているので、”これだ!”と

思ったのですが、 実際はどうなんでしょうか?  ご存じの方 教えて頂けますか?

って どうでもいいか。。。