今日から

テーマ:
今日から、

FODにて
ドラマ「いつか、眠りにつく日」が
いよいよ配信開始しました!

ずっと待ち望んでいた日が、
いよいよやってきたなあと

とても、感慨深いです。

原作を読んで、

まっすぐで
誰かのために涙を流せる

蛍の美しい人柄や

ストーリーが持つメッセージ性に

心を打たれたあの日が懐かしいです。

ふと、気がつくと

撮影が始まっていて

あれ、もういよいよ始まるんだ、

なんて驚いた日ももうすっかり前のこと。


もう3月も半ばを迎え、

今日から配信になるなんて。


時間というのは、
丁寧に丁寧に見つめていたつもりでも、

ふと力を抜いた瞬間に、

ひゅんっと過ぎてしまうもののようです。


このドラマは、

だからこそ毎日を、

そして、その毎日に潜むチャンスを

ちゃんと見つめることの大切さ、

そして、気づきを行動に移す大切さを

教えてくれます。


それが皆さんに届いたら、
そんなに幸せなことはなかなかありません。


たっぷり思いはあって、

撮影を終えて
時間が経ったからこそ思うこともあって、

それを皆さんに文章でお伝えすることができる、

このブログという有難いツールがある。

でも、

ここで、
思ったことや届けたいことを

そんなに沢山書きたくないなあ、とも

思っています。



1話を見て

私達が必死に届けたいと思ったことは

画面を通して
私の心に届いたなあと感じだから。


そして、

私の拙い言葉では書ききれないくらい、

ただただ面白かったから。


これが、1番。


色んなメッセージを押し付けてしまう前に

面白いかどうかが1番大事。



個人的には。

1話を見て、

蛍として生きている私が、
すごく羨ましくなりました。笑

すごく楽しそうで。



さて、ここで1話の裏話。
(少しネタバレ気味?ご注意ください!)

蛍がはじめて、
クロをクロと呼ぶあのシーンは、

クランクイン前に
唯一、クロとリハーサルをしたシーンでした。

監督と
「死の実感が湧かない蛍が
どこまで笑うのか落ち込むのか」

丁寧に考えさせていただけた大事な時間で
私のなかで、
蛍が動き始めた大切なシーンです。

ちなみに、
いざ撮影本番当日は、
朝一番にあのシーンを撮って、

寒すぎて口が回らないのを防ごうと

小関さんと私は
ずっと口にカイロを当ててました笑

もしよかったら、
それも踏まえて見返してみてください笑




読書蛍と変顔蛍。


P.S.
今日、16:30から栞役の喜多乃愛ちゃんと、
インスタライブをします!

初めてでドキドキしますが、
皆さんと楽しくお話しできたらと思います!

ぜひ、ご覧ください!