いつ眠

テーマ:
最近は、
「いつか、眠りにつく日」の撮影を
しております。

日々撮影していると、

役の蛍ちゃんと、
自分の隙間が埋まっていくような
不思議な感覚に出会います。

それって、すごく贅沢。

自分自身が蛍ちゃんに8歩くらい、
蛍ちゃんが、
私に2歩くらい歩み寄ってくれている感覚。

ほんとは、、、

ほんとうは
私が10歩歩けたらいいのですが、、、。

私の課題で
悔しさを感じる部分。


台本の上で起こる出来事に、

自分の経験を重ね合わせつつ、
それでいて100%蛍ちゃんのままでいるのは、

とっても難しいです、、。


撮影は、
全部が順番通りとはいきません。

行ったり来たり、
撮影を重ねる中で

あ、このシーンでこんなことを
感じるのであれば、

先日撮り終わった
この後に続くあのシーンは

こっちのほうがよかったのかもしれない。

と思うことも。


主に、悔しい。


そして、

悔しさを残す瞬間があることが申し訳ない。

基本的に

「あの瞬間は
結果として失敗だったけれど

あれが私のとった全力の選択だったな」

と、いう考えを持っていて
後悔はしないタイプですが、


自分だけの責任ではない
問題については話が別。


今一度、
自分をピリリと叱って、

蛍ちゃんと向き合いたいと思います。



未練は残さないほうがいい。

やりたいことはやっておいたほうがいい。

やりたくないことは、
時にやらないこともそれは間違いじゃない。


蛍ちゃんとともに、
まだまだ成長したい日々。