2018アジアロードレース選手権 鈴鹿Round | 華恋日記

華恋日記

レーシングライダー小椋華恋のブログ


テーマ:

2018年6月2日(土)・3日(日)
2018アジアロードレース選手権第3戦鈴鹿ラウンド(ワイルドカード参戦) 

AP250クラス

エントリー台数 33台

予選 22番手

レース1  19位

レース2  18位

 

今回ワイルドカード枠でARRCに参戦する機会を頂き、AP250クラスで戦ってきました。

アジアのレベルは私の想像より遥かに高いもので、結果はレース1、19位、レース2、18位と目標としていたポイントゲットはできませんでしたが、本当に収穫の多いレースウィークを過ごすことができました。

 

全てのライダーに当てはまる訳ではありませんが、AP250のライダーとの大きな違いの1つは、レースが職業として成立していること。結果で収入が左右されるライダー達の戦いの場です。プロ意識が半端ないです。

走りのアグレッシブさはもちろん、そのレースに対する考え方や取り組み方の違い、そして想いの深さを強く感じることができました。セッティングやライディングだけでなく、メンタル面でも学ぶことは凄く多かったです。

自分の甘さや未熟さなどを改めて感じたこと、その上で自分自身の伸び代が見えたことも大きな収穫でした。

次戦のJP250のSUGOと筑波、そして鈴鹿4時間耐久が益々楽しみになりました。

 

これからも見ている皆様に「面白い!」と思って頂けるレースをして行きたいと思っています。

 

今回、このような素晴らしいチャンスをくださったチーム、MFJ様、ダンロップ様、たくさんのサポート・ご支援をして下さった各メーカー様、そして現地でお世話になった皆様や応援して下さった皆様、全ての方々に心から感謝しています。

本当にありがとうございました。

 

 

 

今回もたくさんの写真を撮って頂きありがとうございました!!

 

華恋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス