バインミー

テーマ:

やっと、バインミーが落ち着いた。

 

東京バインミー研修が6月

 

1回目の「いきなり!バインミー」が10月

 

 

東京でバインミーを食べ歩いて、

 

結論として、

 

全部美味しい(笑)

 

そして、

 

カラテチョップのアプローチは間違ってなかった

 

バゲットにこだわる、ということ。

 

 

カラテチョップで出してた、ブーランジェリー035の特注のバゲット

 

は突出して個性的だった

 

香りが良い

 

食感が良い

 

けど、

 

弱点は

 

トーストして数分しかベストの状態を保てない

 

 

時間がたってから食べると

 

パンが固くなってしまう

 

バインミーとして

 

致命的かもしれない

 

 

そんなわけで、

 

バゲットをもう一度見直そうということになった

 

 

けど、

 

パン屋さんの方が忙しいそうだったのを言い訳に、

 

バゲットを変えたい

 

 

言い出せずにいた

 

数カ月たち

 

10月ごろ

 

パン職人の方から試作のパンが届いた

 

時間がたつと固くなる問題、は伝えてあったので

 

パン職人も気になっていたらしく、

 

ふと、試作品が届いた

 

以心伝心??

 

 

ありがたい

 

 

 

で具材をいろいろ試してみたら、

 

パンが最高にいい状態だったので

 

具材はもう、何でもオッケーなんじゃないか?

 

もちろんバランスが大事だが

 

ということになってた

 

それと、

 

トースターをどこに置くのか?問題が保留のままだったので、

 

とりあえず

 

トースターを常設出来る場所を作った

 

そうこうしている矢先

 

夏も終わって鍋の季節に入る前

 

ちょっと売上が落ちる時期

 

 

なんか起爆剤が欲しいなーって言ってて、

 

そういえば、最近

 

ルーティンワークをこなしているだけのカラテチョップが面白くない

 

「まもり」に入っている

 

カラテチョップじゃない!!

 

 

エミコチョップと話して、

 

 

じゃあ、イッチョ景気づけに

 

いきなり!バインミーやっちゃおう!

 

 

ってなり

 

ちょうどヨジマルキッチンでもバインミーやろうかな?って思ってたこともあり、

 

 

そんで、

 

ヨジマルキッチンのあとにすぐにバインミーやったほがいいよね、ってなって

 

 

立て続けにバインミーやりました

 

 

前は大事に大事に、慎重に慎重に

 

やってたんですが、

 

答えを決めるのはお客さんだから

 

兎に角

 

作り続けて、

 

ブラッシュアップしていくべきだなあと

 

 

やっと

 

カラテチョップのバインミーが

 

「作品」から「商品」になりつつあるような気がします。

 

11月11日のバインミー

ライムリーフ風味チキン、玉子焼き、なます、レバーパテ、パクチー、チリソース。

ベトナム料理の基本、甘い、酸っぱい、辛い、しょっぱい、をバランスよく配置

ベトナムっぽく、具材がはみ出てる感じを出した。

佐世保バーガーかよ!がテーマ。

 

東京旅行の前のバインミー

カリカリで香ばしく、食感が独特なバゲットに

上等なチャーシューをみそだれにつけたもの、レバーパテ、なます、きゅうり、パクチー。

パンが固いので

具材は控えめにして、噛みやすさを重視。

時間がたつと、パンが固くなってしまい、食べにくくなる。

 

 

バインミーといえば、これ!

みたいなのがあるのかもしえないが、

 

僕が数年前にベトナムで食べたバインミーは屋台で、具材を自分で選んで食べるスタイルだったし、

 

去年いったときのは自家製ハム中心のバインミーでその店はそえ1種類だった。

 

何をもってして、バインミーなのか?

 

たぶん決まりはない

 

僕なりの解釈だと

 

・パンは軽め(具材がしっかりはいっていて、食べやすくするため)

・ベトナム料理の味のバランス、甘い、酸っぱい、辛い、しょっぱい、コクがある。が表現されている

・色味のバランス、赤、、緑、きいろ、黒、

・食感のバランス、さくさく、プりプリ、ぼりぼり、ふわふわ、などを一気に楽しめる

・具材がはみ出るくらいのボリュームがベトナムっぽい

 

そんなところかな

 

これからも

 

バインミーで遊びますよ~

 

ええやん