職業空手家2 | 勇志会空手道

勇志会空手道

勇志会空手道 誰もが安心して学べるカラテを実践しています。少年少女がいつも元気に。心身強化。運動不足、メタボ解消したい。シェイプアップ。
お子さんに礼儀と積極性。幼稚園生、小学生から、社会人、高齢者まで老若男女、一緒に気持ちいい汗をかいてみませんか。

当時の稽古は週3回、1回3時間の稽古で突き蹴りの

本数が以上に多く大変きつかったです。

また、組手は荒っぽく白帯から素手素足で全力でやらされ、

いつも全身あざだらけになり怖くて仕方なかったです。

それでも続いたのは柔道を辞めておいて空手まで辞められない

という思いと、稽古は柔道は毎日で休みなしでしたが空手は週3回

であり今日頑張ったら明日休めるというのも大きかったです。

それでも少しずつ昇級して1年たったくらいから体も慣れてきて稽古

も楽しくなってきました。

極真会館では初段まで取得して大学1年生の時に第10回全日本空手道

選手権大会に出場しましたが、結局3年半で退会してしまいました。

それでも高校生の3年間続けばいいと思っていたのが大学の1年生まで

続けることが出来ました。

退会した理由はいろいろあったのですが現実的には持病の腰痛がひどく

なって運動が出来なくなったのが大きなきっかけになりました。

実際完治するのに半年以上かかりました。

 
極真会館神奈川県本部で組手の稽古。右が自分、左は一緒に

第10回全日本空手道選手権大会に出場した小林正広先生

(現・葛飾ジュニア空手クラブ代表)。

道場は自分が入門して1年後に常設道場に変わり毎日稽古できる

ようになりました。

 

 

続きます。