カラサワの演劇ブログ

演劇関係の雑記、観劇記録、制作日記、その他訃報等。観劇日記は基本辛口。これは自戒とするためでもあります。
Twitterでも演劇のこと、おりおりつぶやきます。
カラサワ@cxp02120


テーマ:

塩ちゃんが仕事で月曜まで休みなので、主役を我那ちゃんに代役してもらう。まだ稽古2回目の子にいきなり主役か、と思ったが、安定感ハンパなし。

 

……代役にこれはありがちなことで、本役は自分の演ずる役について、深く掘り下げ、行動に不自然な部分や拙い部分がないかを悩みながら稽古にのぞむが、代役はそういう斟酌一切なく、台本どおりに演ずるために、かえってダイレクトなパワーが感じられる場合がある。もちろん、矛盾や描き込み不足もそのまま出てしまうのだが。それだけに、演出するこっちも改めてそこらを確認することが出来る。

 

もちろん、自分の本役についても、技術じゃなくて、役のつかみ方というか、そこらが我那ちゃんは素晴らしい。目が大きいので目ぢからがすごい。引くべきところで出しゃばらず、出るべきところでどんと出る。このかけひきが出来る子は存在感が出る。なので、身長152センチなのにずっと大きく見える。初参加でこれだけ達者な子が入るというのは、他の常連さんにも刺激になるだろう。

 

それにしても今回、稽古場に笑いが絶えない。まだ稽古序盤戦、軽々しく出来を云々すべきではないだろうが、唯一言えることはこれまでの唐沢ユニット作品中、稽古場が最も盛り上がりを見せている作品だということだけは確かだろう。だが、舞台においてはこれは、笑いが身内でとどまってしまう危険信号でもある。このテンションを客席にどう伝えていくか、が中盤からの課題になるだろう。

 

さて、他の要素についてもいろいろ気を配らないといけない。音楽をどうしようかと思っていたのだが、水谷紹さんから少し前に連絡あって、25周年記念コンサートへのお誘いがあったのを機に、また音楽提供お願いします、と頼んで快諾を得た。水谷さんとはちょっと間に立った人の件でトラブルがあって、しばらく離れていたのだが、この時期にまたもとに復すことができるとは。いや、これも何かの運命の手が働いているとしか思えない。演劇ばかりではない、以前打ち合わせのとき盛り上がって

「水谷紹と塩原奈緒でサックス&ピアノのライブをやりましょう」

と言っていた企画も復活させないと(写真は去年の打ち合わせ時のときの)。

 

唐沢俊一ユニット“b”12月公演『ペットハウス』12月6日(水)〜10日(日)於参宮橋トランスミッション。ただいま予約受付中!

http://stage.corich.jp/stage/87722

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

karasawa-sanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。