カラサワの演劇ブログ

演劇関係の雑記、観劇記録、制作日記、その他訃報等。観劇日記は基本辛口。これは自戒とするためでもあります。
Twitterでも演劇のこと、おりおりつぶやきます。
カラサワ@cxp02120


テーマ:

学芸大学・千本桜ホールにてsecond-m produce vol.13『キズ絆』観劇。

 

メインストーリーにサブストーリーが重なる構成……かと思ったらラストで、実はサブの方がメインだった、というオチになる意外性が面白い。ただ、その伏線を張った人物含め、誰もそれに気がつかないというのは不自然ではないかな。 

 

ウェルメイドで涙をさそうストーリー展開と、登場人物たちの交わすベタというか、しょうもないギャグの落差が奇妙な魅力を生んでいる。どんなスキも落さず拾ってそのテのギャグをぶっ込む眞田規史のキャラが面白かった。主役の伊達謙一は舞台上の顔とフライヤーの写真、違い過ぎww 

 

女優さんたちがみんな美人で、しかもそれぞれキャラが違う。正統派美人、妹系、JK系、日陰の女系、妖艶系とそれぞれ違って全員きれいというのが凄い。知りあいの藤井桂ちゃんは妖艶系でバカ系だった(笑)。男優の方も、貿易会社の社長の息子という設定の新井優太は、本当にいいところの坊っちゃんに見える。こういう役者は貴重。 

 

少しテンポ(ギャグのやりとりなど)が悪く感じてしまったのは、10ステの千秋楽最終回ということで、みんな疲れが出てきていたからだろうか。まあ、自分のところの公演があってここしか行けなかったのだが、こういうギャグのある芝居は観に行く回を選ぶことも必要だな、と思う。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。