カラサワの演劇ブログ

演劇関係の雑記、観劇記録、制作日記、その他訃報等。観劇日記は基本辛口。これは自戒とするためでもあります。


テーマ:

観劇録2015 

1・Flying trip 『アンドキュメント』 
2・劇団The Four of Mats『Joie!』 
3・マサ子の間男『a river』 
4・劇団天然ポリエステル 『一人』 
5・ゆみねこ企画『ミルキーウェイ・ストレンジャー』 
6・株式会社クワバラ・パンぷキン設立45周年記念公演『与野太郎を探せ!』 
7・喜劇団R・プロジェクト『「シンデレラのようなもの」リメイク』 
8・ラビット番長『白魔来る-ハクマキタル-』 
9・ ガラ劇『矛盾』 (Aキャスト版) 
10・ガラ劇『矛盾』(Bキャスト版) 
11・Please Mr.マーベリック×team☆G-VA合同企画『遺産遊戯!』 
12・あぁルナティックシアター『バンファイ パヤナーク ~2015年篇~』 
13・Pudding☆Ring『職業「嘘つき」』 
14・コントユニットTOO旗揚げ公演『ローリングサンダー』 
15・劇団鳥獣戯画創立40周年記念公演『雲にのった阿国』 
16・黒雪構想 夜想曲-nocturne- 『蝶(キミ)が夢で舞うときに』 
17・DISH公演『とらんく』 
18・イヌッコロ×ACTOLI×シザーブリッツ トリプルコラボ公演『恋するアンチヒーロー』 
19・S/V Theater『夏の夜の夢』 
20・劇団空感演人プロデュース『六畳一間で愛してる』 
21・雀組ホエールズ『イヌジニ』 
22・演劇集団イヌッコロ『スペース・トラベロイド』 
23・ゴブリン串田のミニシアター『~あの話とこの話~』 (8月) 
24・LOVE&FAT FACTORY公演『STAR次郎長』 
25・KizuNa+α公演『Desired Light~希望の光~』 
26・疾駆猿公演 『VAGUENIGMA 口寄屋・梔子の因果トレイルズ』 
27・劇団サミング旗揚げ公演『幕末Day Dreamers』 
28・らちゃかん『アイム、ホーム2015』 
29・劇団ヨロタミ『硝子の途』 
30・ああルナティックシアター『泊太貴のヒーローとは何だ?』 
31・建設マン.comプロデュース『頑張れ!けんせつ小町“おはようございます!”』 
32・劇団ロオル『モノクロ』 
33・ゴブリン串田のミニシアター『~あの話とこの話~』(10月) 
34・イタリア・オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』 
35・β-STAGE 旗揚げ公演『Draw The Curtain』 
36・疾駆猿『VAGUENIGMA1999 宮堂青年の幻怪モラトリアム【初夏】』 
37・“STRAYDOG”Produce公演 『心は孤独なアトム』 
38・あぁルナティックシアター『アストロ劇団リターンズ』 
39・あぁルナティックシアター『地獄の楽園・ヘブンズドア』 
40・J-Theater公演《日本人作家シリーズ》『近代能楽集』 
41・演劇のろま集団『はじまり、はじまり』(Aバージョン) 
42・演劇のろま集団『はじまり、はじまり』(Bバージョン) 
43・トツゲキ倶楽部『あたしのあしたの向こう側』 
44・カラーチャイルド『クラシック・パスト・ メモリーズ・リバース・ツアー』 
45・Pudding☆Ring『さんかくのたね』 
46・アーラェアンゲリー『平和荘へようこそ♪』 
47・ゆみねこ企画『中二階な人々』 
48・木村がプロデュース公演 『Bookmaker』 
49・パン・プランニング『あなたを待ちながら【ハーフビター版】』 
50・進戯団夢命クラシックス『君の瞳には悠限のファクティス』 
51・コントユニットTOO『Cheer drop』 
52・シアター・パープル・ポテト プロデュース『カフェ公演第一弾』 
53・劇団天然ポリエステル『稀人』 
54・KBSプロジェクト『モンパルナスの洋菓子店』 

 

本年度の舞台鑑賞記録、総数54本。一週間に1本強、の割合。もっとも9月1日に仮集計した段階での観劇数が25本だったから、それ以降の4ヶ月ではほぼ4日に1本というハイペースで観ている計算になる。もちろん、友人には1年に100本以上芝居を見る猛者もいるが、私の場合、自分のユニット公演もやっているから、ここらがマックスかな、という気もする。

 

今年のベスト作品、と言ってももちろん私個人の嗜好にかなり寄ったものではあるが、ベストワンは9月の段階での順位と変わらず、ダントツでガラ劇の『矛盾』。小劇場演劇でアレクサンドロスとダレイオス3世の闘いを描くというある意味無謀な試みに挑戦し、ユニークな手法でそれを成立させてしまった。実験性と面白さ、さらに気品まで合わせもった、いわゆる小劇場演劇のワクを超えた作品だったと思うし、それを作り上げたのが演劇畑出身でない、元漫才師のガラ林(坪井貴成)であったということも凄い。 

 

2位も9月と同じで喜劇団R・プロジェクトの『「シンデレラのようなもの」リメイク』。脱力ギャグの極地。“しっかり作らない”ことを演出する、という、簡単に聞こえてかなり難しいことをやっていて感服。役者たちもそれに合わせた演技で、しっかりやって“いなかった”(笑)。『矛盾』と対極にある芝居だが、これもまた小劇場演劇、なのだ。 

 

で、それ以降に観た作品で、大穴的なインパクトだったのがPudding☆Ring『さんかくのたね』。その前に見た『職業「嘘つき」』とあまりに作風が違うので驚いた、というか同じ劇団と思えなかった(いや、前作も好きなのだが)。とにかく、本土(本水《ホンミズ》、という言葉が演劇界にはあるが、そのデンで言うと《ホンツチ》)を使った舞台のユニークさもさることながら、ひねらず、ぶれずにテーマである農業への思いを語る作者(長田智美)の愛情と勉強がなによりこの舞台の強みだったと思う。 

 

これと、「一字一句脚本のセリフを変えない」という縛りがある三島由紀夫戯曲に挑戦した『近代能楽集』が同率3位。一字一句変えないゆえに、セリフや設定と時代との格差がだんだん大きくなっていき、初演当初は古典の現代劇化、であったものが古典とも現代劇ともつかぬ、そのふたつが融合した新しいファンタジーになりつつあるのが興味深い。あと、年のドンケツ近くに観た『Cheer drop』はコント集だったがふつうに短編芝居になるレベルのものが何本も詰まっていて、ことに『うのがきた!』は、テーマといい人物像といい、これをきちんと舞台公演に仕立てたらかなりいいところに行くと思う。 

 

その他印象深かったのは『遺産遊戯!』の脚本の凝り様(あっと驚く伏線の回収w)、『職業「嘘つき」』 の、事故一歩手前という感じの暗転の使い方、『a river』のアカペラミュージカルという形式の斬新さ、『Draw The Curtain』の役者たちのアンサンブルによるむちゃくちゃな楽しさ(楽しさではこの一年で観た舞台のトップだった)、『ミルキーウェイ・ストレンジャー』の全体に流れる静謐な緊張感、『六畳一間で愛してる』の舞台SFXの技術、『さんかくのたね』の役者たちの顔の“らしさ”、『君の瞳には悠限のファクティス』の、アクションと合わせた、凝りに凝った特殊映像効果など。 

 

役者で記憶に残ったのは女を徹底して捨てた演技ながら魅力的なままという驚愕の存在感を見せてくれた『「シンデレラのようなもの」リメイク』の木村結香、この子は生まれついての“女優”だな、というオーラを発していた『バンファイ パヤナーク ~2015年篇~』他の内藤彩花、イケメンなのに徹底して“イヤなヤツ”を演じていて感心した『恋するアンチヒーロー』の鎌苅健太、『イヌジニ』のイヤミなトップブリーダーの怪演が笑えた伊藤亜斗武、現代社会の矛盾や悪意、葛藤と絶望を一身に凝縮させたような役を演じて存在感が見事だった『硝子の途』の西原信裕。逆の意味で存在感充分だが、その存在自体が事故といういかにもルナティック好みな『地獄の楽園・ヘブンズドア』の葛西大介、出てくるだけで面白いことをしてくれるだろうという期待でお客が笑っていた『けんせつ小町』の石尾吉達、漫才師にしちゃ芝居がうまいな、と思ってしまったほどの名コンビだった『心は孤独なアトム』の酒井健太郎と中原和宏、アレルギー持ちという体の弱さ故に繊細な感受性を持っている少女をさわやかに演じた『さんかくのたね』の沖田桃果。ハイテンションさの持続に「コレハ凄イ」とうなった『Cheer drop』中の一編『パワーレズ』の越智春奈、16歳でバリバリのアイドルなのにムチャクチャな悪態をつきまくる、観てて「いいのか」と心配になるギャグを演じていた『モンパルナスの洋菓子店』の橋本瑠果、あ、『モンパルナス……』ではもう一人、アイドルたちの中に混じって唯一オトナの魅力を見せていた藤井桂もよかった。 

 

そしてそして、自分の芝居に過去2回も起用している女優ながら、この子にこれだけの怪演をさせるという発想が自分になぜなかったか、という悔しさでひと晩眠れなかった『宮堂青年の幻怪モラトリアム【初夏】』の塩原奈緒。彼女に関しては、これ以上のインパクトある役を演じさせるのが来年の私の目標になってしまった。これは演出家としての意地、なのである。 

 

彼女以外にも『ぴかれすく』の出演者たちがさまざまな場で活躍してくれていた。自分の所属劇団がある中澤隆範、自分のユニットを立ち上げた竹村太吾はもとより、『あの話とこの話』シリーズで別な一面も見せてくれた橿本恵子、『与野太郎を探せ!』『アイム、ホーム2015』『カフェ公演』など、どんな役にも安定感を見せていた大橋健一、『職業「嘘つき」』『六畳一間で愛してる』の他、『さんかくのたね』では演出補にまで進出した伊藤夕佳、うちの常連演出補の秋葉由美子演出の『中二階な人々』でうちとは真逆のデリケートな心を持った若者を演じ手いた奥村俊(惜しいことにこれを最後に舞台活動を休止)、舞台というよりネットテレビでタレントとしての活動を広げていた草彅真実子、カフェ公演で一人芝居に挑戦した助川玲、『あなたを待ちながら【ハーフビター版】』で晴着姿で駆け回っていた新井利津子、うちに次ぐ二度目の出演舞台『心は孤独なアトム』で大舞台、しかも難役に抜擢されていた伊丹愛莉、これまたうちに次ぐ二度目の舞台『Bookmaker』でなんと主役を張った座間富士夫、そして今年だけで『ぴかれすく』以外に『~あの話とこの話~』『STAR次郎長』『近代能楽集』『Cheer drop』とひっぱりだこだった野々川護。仲間が頑張っているのを見るのは自分への励ましにもなる。 

 

あと、自分のユニットにもかかってくる問題だが、劇場使用料金の値上がりなどで、じわじわとチケットが高くなっている印象。内容が充実していれば高くても文句は言わないが、4000円台になるとさすがに観に行くことに慎重にならざるを得ない。若い世代などに、これが元での演劇離れが起きてこないか、ちょっと心配。

 

……ついでに、出演者たちから芝居のお誘いが来るのは本当に嬉しいが、中で一番傑作だったお誘いの言葉。どの芝居とは言わないが 

 

「(出来は)お代に見合うにはもう少し頑張らないとねーというのも正直なところなのでお誘いも強力プッシュとはいきづらいのですが、私の役はこれまでやったことのない役で珍しいと思うのでよろしければお願いします」 

 

……他のお誘いのほとんどが「絶対面白いです!」「ぜひ観ていただきたい舞台なの

で」「とてもいい出来に仕上がっていますので」という感じのものばかりで、いや、それも売り物に花で大事とは思うが、一年にある程度の本数、舞台を観ると、ちょっとこの類いの言葉には不感症になってしまうので、私などにはこういうお誘いが一番フックになります。ご参考までに(笑)。 

 

最後に、40歳という若さで友人の役者・松山幸次が世を去った。私のユニット立ち上げに馳せ参じてくれた男だった。最後に飲んだのが亡くなるひと月前である。勘定の段になって「少しおごるよ」と言ったら「少しでなく全額おごってくださいよォ」と甘えてきた。「今度うちの芝居のときな」「ホントですかぁ、頼みますよォ、出ますからァ」というのが最後の会話だった。……松ちゃん、お互い約束破っちまったな。向こう行っても俺、芝居作るつもりだから出てくれよ。……そんときゃおごるから! 

 

来年もいい芝居をたくさん作れて、いい芝居がたくさん観られて、いい役者たちといい酒をたくさん飲めますことを。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。