「人と話すこと」が苦手な人へ。 | からっぽ暮らし〜繊細な私の毎日〜

からっぽ暮らし〜繊細な私の毎日〜

私はHSP(とっても繊細!)です。

整理整頓、一人時間が大好き。

部屋の余白は心の余裕。

セブンでお仕事、ハートフル接客中!



 

 

もともと私はコミュ障です。

 

 

そもそもコミュ障って何?

と言うことでリンクを貼って置きますね。

コミュ障とは?

 

 

 

私はインスタライブで喋ったり

セミナーを開催したり

 

 

職場のコンビニでも

お客様とたくさんお話しをします。

 

 

「ほんっとにペラペラペラペラ

よく喋るね〜?」

 

 

と、ツッコミを

入れられたこともあります。笑

 

 

でもですね、本来の私は

そんなに人と話すことが

得意なわけではないのです。

 

 

学生時代からそうで

 

 

「みんなと仲良くなりたい!」

「何を話しているのか気になる!」

 

 

そのようなことを

常に思っていましたが

 

 

いざ会話を振らると

ドキっ!!とし過ぎてぎこちなくなり

トンチンカンな返答をしてしまい

 

 

なんとも言えない

「間」を生んでしまったり

 

 

頑張って会話に入ろうとしても

なんだか浮いてしまい

 

 

それ以上はいたたまれなくなり

結局はおとなしく聞き役に徹する

 

 

そのようなパターンが多かったです。

 

 

 

 

 

どうして私は

普通にみんなと関われないんだろう?

 

 

どうしてただお喋りすることに

こんなにエネルギーを使うんだろう?

 

 

 

 

そう言った考えが常にグルグルして

教室や人が集まるところでは

一人勝手に疲れていました。

 

 

みんな楽しそうに笑っているのが

不思議だったのです。

 

 

 

 

 

 

前回のインスタライブ

 

 

現在の私は

なんだかよく喋っていますが。笑

 

 

これは職場である

セブンのおかげだと思っています。

 

 

 

・仕事は決まったルーティンであること

(マニュアルがあること)

覚えると安心できて、むしろ磨きが掛かる。

 

 

・勤務時間が短時間であること

疲れやすいので。「笑顔で出来る精一杯」の時間数であること

 

 

・お店の規模が小さいこと

広すぎたり、人が多すぎると疲弊するから

 

 

 

これらの条件が揃っていたことは

とてもプラスでした。

 

 

つまり繊細すぎて

キャパシティーが小さい私にとって

このミニマルな環境が合っていたのです。

 

 

あとは、スタッフのみんなが

とても優しいと言うことも大きいですね。

本当にありがたいです。(^.^)

 

 

 

 

 

 

環境の変化や

仕事に慣れるまでには

それなりに時間がかかりましたし

 

 

それまでは

お客様とも、スタッフとも

お喋りはままなりませんでした。

 

 

笑顔も頑張ってる感が

ありありでした。

 

 

それでも

 

 

・笑顔でいよう

・お客様の好みを知ろう

・謙虚に仕事を教わろう

 

 

毎日そのような意識でいたら

お客様や周りのみんなとの関係が

良好になっていました。

 

 

そうなると

どうなるか?

 

 

いつも愉しいのです。

 

 

愉しい気持ちは

自分をハッピーにしてくれます。

 

 

そうすると

常に心を開いていられます。

 

 

この心を開く

「オープンハート」と言うのが

とても大切で。

 

 

いつもその状態でいると

たとえ緊張していても

 

 

その場の空気が

全く違ったものになります。

 

 

なぜなら

相手も心を開いてくれるからです。

 

 

 

 

 


 

自分が心を閉ざしていると

相手も警戒します。

 

 

それでは硬いもの同士が

ぶつかる感じで

ガチガチとあいい入れず

傷すら作るかもしれませんね。

 

 

でも、柔和に心を開いていると

目の前の相手も

ふにゃっと(=^x^=)

柔らかくなり

和やか〜に関わりあうことが出来ます。

 

 

その場がまあるいオーラに

包まれているようなイメージです。

 

 

 

 

 

もともと不器用でも

コミュニュケーションが苦手でも

それは全然良いのです。

 

 

必要なのは

オープンハートかどうか。

 

 

自分の至らなさや未熟さを

自らが受け入れて

 

 

そして目の前の相手のことも

そのまま受け止める

 

 

そのような心でいると

 

 

人が何を求めているのか

感じとれたり

そこから会話が繋がったり

温かな時間が生まれます。

 

 

お互いの中に

心地よいものが行き交うのですよね。

 

 

 

 

毎日、色々なことがありますから。

 

 

喜怒哀楽

感情が揺れ動くことは

当然です。

 

 

でも、

 

 

「ちっ、腹たつわ!」

「なんでこんなことするのよ!」

「思い通りにいかないわね!」

 

 

そのように

気持ちがやさぐれそうになったとき

 


 

思い出すのです。

「オープンハート」を。

 

 

あ、私今心を閉ざしているな

いけない、いけない、深呼吸。

 

 

その都度気づき

フラットな状態に

自分を戻してゆきます。

 

 

オープンハートは毎日練習です。

 

 

それを繰り返すと

心を開くと言う感覚が

掴めるようになってゆきます。

 

 

すると、無理なく

自分の出来る範囲で

 

 

人と関わったり

話したりが出来るようになるのです。

 

 

緊張していても良いのです。

 

 

オープンハートで在ることが

ポイントです。

 

 

 

 



 

愉しい時に心を開くのは

誰でもきっと出来る事ですね。

 

 

例えば

にこやかでいられたり

人に親切にできたり。

 

 

そしてさらに

 

 

逆境のような場合においても

周りの状況や環境に振り回されず

心を開けると

 

 

毎日は変わり始め

世界は生きやすくなってゆくのです。

 

 

救いの手が差し伸べられたり

事態が好転したりがそうです。

 


 

 

 

喋るのが苦手

人と関わるのが苦手

 

 

でも、

それができるようになりたい

 

 

あるいは

出来ないと仕事で困ってしまう

 

 


そのような場合に大切なのは

 

 

 

・自分の特性を活かせる環境を選ぶこと

・オープンハートでいること

 

 


この2つです。

 

 

 

 

 



人と話すのが

苦手だった私ですが

 

 

繊細であることの特性を受け入れ

自分を含め

人は誰しも未熟なものだと許したら

とても楽になりました。

 

 

そして毎日を愉しもうと

思えるようになりました。

 

 

そうなれたことが

今の私を創っています。

 

 

思考がシンプルになったのですよね。

 

 

 

なかなかそのように

考え方をシフト出来ない

 

 

と言う方は

片付けや瞑想をオススメします。

 

 

身の回りも、頭もスッキリすると

考え方の癖も変わってきますよ。

 

 

ぜひぜひ

試してみてくださいね。(^.^)

 

 

自分の苦手分野も

チャームポイントとして

毎日愉しく過ごせますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっこりタッチありがとう。

 

 

 

 

 

Bright Future

片付けて、楽に生きる。

東京セミナー

 

 

○6月22日(土)

→おかげさまで無事に終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございました!(^ ^)

 

 

○2019年7月6日(土)

詳細・お申しページはこちらです。

 

*まだお席に余裕はありますが6月26日(水)に

募集を締め切らせて頂きますね。

 

7.6 Bright Future 片付けて、楽に生きる。東京セミナー

 

 

 

 

 

ショートケーキナナコ(田中 美知子)の

インスタグラムはこちらです↓

karapporoom.nanaco.1982

 

 

 

チョコカップケーキナナコ(田中 美知子)の

YouTubeはこちらです。↓

ナナコチャンネル

 

 

 

ロールケーキメッセージのお返事はお休みしています。

リブログはご自由にどうぞ。(^^)