6/22放送の堀優衣ちゃんの優勝歌唱動画がカラオケバトル公式から削除された事が確認されました。

 

これまでの記事でさらっと触れていますが、精密採点DX-Gには素点99.901~99.999点は存在しません。

 

しかし、カラオケバトルでは堀優衣ちゃんが春のTOP22と今回のU-18決勝で99.978点を出し、翠千賀さんも年間チャンピオン大会で99.912点を出しています。

 

 

何故、精密採点DX-Gに素点99.901~99.999点がないと言い切れるのかというと、精密集計の100点の記録を見ると一目瞭然だからです。

 

 

見ての通り、素点100の下は素点99.900点がずらっと並んでいます(筆者がこの事を初めに発見しました)。

 

筆者はツイッターで事あるごとに呟いてきましたが、一般的には浸透していない事だと思います。

 

カラバト公式は何故今になって動画を削除したのでしょうか?

 

他の100点に満たない動画はボーナスへ移行するにも関わらず、この優衣ちゃんの夢先案内人はボーナス画面に移行していない事を不審に思った誰かが問い合わせでもしたのでしょうか?

 

そう、この夢先案内人は一般の人が使っている精密採点DX-Gでない事は100%確実なのです。100点に届かない点数でボーナス加点が入らない事はあり得ないのです。そして精密採点DX-Gには素点99.978点は存在しないのです。

 

堀優衣ちゃんは春のTOP22でも99.978点を出しています。

同じ点数というのは100点を出したくない設定にすると最高点がその点までしか出ないのではと疑ってしまいます。

 

TOP22では優衣ちゃんに予選で100点を出したくない意向があったのは想像に難くありません。

番組進行的にSP番組のトリをU-18の子供にはさせたくなかったのでしょう。番組的には大人がトリで歌う方が視聴率の面から有利だと判断されたのかもしれません。

 

この件に関してカラバト側から何か発信があるのか注目しましょう。

 

優衣ちゃんの動画の前にも佐々木麻衣ちゃんの動画が削除された事があります。

これは公開された動画の得点と番組での得点が違う(番組の方が低かった)という得点操作の証拠をわざわざスタッフ側が公開してしまったため、数日で削除されました。

 

それにしても、カラバトスタッフは素点99.901~99.999点が存在しない事を知らなかったのでしょうか?

 

第一興商が協力しているだけににわかには信じられないのですが、第一興商内でも採点に精通している人間はごく少数という印象をフォロワーさんのツイートからも感じますし、博士のデタラメ解説ぶりからもそれは伺えます。

 

まだグレーな件も存在しますし、全員が同一条件で公平な勝負を望みます。

 

~7/5追記~

 

7/4の夕方頃に削除された動画が別のアドレスで再アップされました。

内容を確認したところ削除前と同一の動画だと思われます。

 

この件に関してカラバトからのコメントは現在のところありません。

 

一旦削除したという事は何かしら不都合な事態が発生した事は間違いないと思われますが、動画を無修正で再アップした事の意図は不明です。

 

麻衣ちゃんの事例のように削除したままだと暗に何かしら知られてはまずい手が加えられた事を認めた形になるので、開き直って公開する事を選んだのかもしれないというのは考え過ぎでしょうか・・・。堂々と公開しているのだから何もやましいことはしていないと受け取ってくれる事を期待して。

 

~7/10追記~

 

ゲスト出演していたジャニーズタレントの肖像権の問題ではないかとのコメントがあり、確かめると確かに映像が編集されています。

 

どうやらYoutubeに掲載される事を嫌がったジャニーズ事務所がクレームを入れて、某ゲストが映らないように編集して再アップされたようです。