コロナ経口薬「モルヌピラビル」、英が承認。←やっぱり遺伝子操作薬 | 伊豆の整体 かいふく指南 手当処 からはだふくらか

伊豆の整体 かいふく指南 手当処 からはだふくらか

身体は初めから完璧です。

何を足す必要も、引く必要もありません。

あなたが死ぬその瞬間まで、快い身体で、心から愉しみに溢れ、悦びに満ちた毎日を送る方法を、お伝えします。

【からはだふくらか】によって、全ての生命は、死ぬその時まで、快い身体で、愉しく、悦びにあふれた毎日を過ごします。 

わたしは、死ぬ瞬間まで成長し続け、全ての生命から感謝を受けて、豊かな暮らしをすることができます。

ありがとうございます。

 

米メルクのコロナ経口薬「モルヌピラビル」、英が飲み薬では世界初の承認…日本の審査にも影響

以前にも書きましたが、アビガンと作用機序が近いのだそう。

 

 

だったらアビガンで良いのでは?

という声もあるみたいですね。

 

アビガンはインフルエンザ薬として開発され、いまだ日本では認可されない薬です。

 

インフルエンザ薬に近い薬が、認可されない薬に似た薬が、どうして新型コロナ対策として有効なんでしょうね。

 

 

日本で今、治療に使われているのはレムデシビル。

 

これはエボラ用として開発されたもの。

 

インフルエンザワクチンなんて、型の違いだけで効かないといわれているのに、治療薬ってのはそんなにアバウトで大丈夫なんですかね。

 

確かに葛根湯は肩こり改善に良い、ってことがあったりしますが。

 

副作用、副反応ってのも、効能の一部ですから、何かひとつだけに絞って効き目を出す方が難しいのでしょうけども。

 

 

薬なんてのは50%効けば優秀で、一番有効率が高いのは毒薬だという話は以前にもしました。

 

ワクチンにせよ90何%とかってのはあり得ないんです。

 

その時点でインチキなんですよ。

 

で、50%ってことは、プラセボ効果とかも考えれば、薬なんて必要無いってことになります。

 

本気で治ると信じて接種すれば偽薬だってかなりの確率で効きます。

 

それはつまり、治してるのは薬じゃなく、自分の身体の力だってことの証左でしかないんですけどね。

 

 

1回の接種が終わった人数は10/15現在、約96,000,000人

国の表記法が変わっちゃったので大体。

 

接種後、因果関係は不明ですが、亡くなった方は1,310名。

 

6年分のインフルワクチン接種人数の1/3程度ですが、死亡者数は23倍。

 

つまり、危険度は70倍ってことですね。

 

コロナによる(とされる)死者が出始めた時期とワクチン接種の始まった時期が丁度一年程度違いますので、比較しやすい。

 

ちなみに、昨年、10/15までにコロナで亡くなったと報告されている事例は1,649名

 

ワクチン後亡くなった人数は1,310名。

 

 

10/15現在の数字で換算すると1000万人接種あたりの死亡数が136人となります。

 

以上は厚労省、首相官邸にある数字で計算しています。

 

ここに挙げられている数字は、報告のあったものですので、報告されていない数字が10倍あるんじゃないか、と仰るお医者さんもいらっしゃいます。

 

いずれにせよ、9600万人の方が接種した内、1300人が亡くなっています。

 

ほぼ因果関係は不明とされていますが。

 

確率としては7万分の1。

 

だけどね。

 

自分が生きるか死ぬかは、2分の1なんですよ。

 

そして、死んじゃったら100%でしかないの。

 

99%が感染もしない、死にもしない病気に対して、どうして生命を賭けて大博打にでるのかなぁ。

 

しかも、長期的に観察して、どうなるか分からない、未知の薬です。

 

こんな記事も上げましたが。

 

 

未知のウィルスを恐怖するのに、未知の薬を恐怖しない、意味が分からない。

 

遺伝子なんて全体の95%は未解明なんですよ?

 

そんな段階で操作して本当に大丈夫だと?

 

サリドマイドとか、薬害エイズとか、あったでしょ?

 

ハンセン病の反省は無いのか?

 

 

 

 

 
 

 

【緊急】夏休み前に提出、子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます。
 

 

 

 

 

マスクはおしりに♥

 

コロナウイルスが最も排出されるのは、口からではなくお尻からなんです。 

 

つまり、マスクはお尻にしなければ意味が無かった!

 

 

 

 


フォローしてね…ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
 

 
かいふく整体
からはだふくらか


TEL 070-4385-1014
e-mail karahadahukuraka@rakuten.jp



 住所
〒410-2211
静岡県伊豆の国市長岡991-4・P2台
温泉場出逢い通り
湯らっくす公園近く、長岡湯本バス停そば

受付・営業時間:8:30~22:00
定休日 不定休
 

_c_choju55_0004_s512_choju55_0004_2

LINEはこちらからでも  @rom5946v
 

 

「かいふくRadio」放送中!  

 

FMいずのくにで「かいふくRadio」放送中!


ネットでも聴けます。

 

※11月から聴取方法が変わります。


PCはコチラ

 

JCBAインターネットサイマルラジオ

 

 

「東海エリア」から「FMいずのくに」を選択してください。

 

iPhone・iPad版(iOS版)はこちら

Android版はこちら

 

放送時間が変わりました。

 

本放送は第2火曜11月9日18時より放送です!

 

再放送は第3木曜11月18日18時より、となります。

 

 

ウィルスは生物でも無生物でもない

 

「私が実験室の内外で発見した病気の原因は、医薬品、食品、空気、土壌、水の汚染です。

ウィルスには核が無く、生きていない。」

 ・・・・Aajonus Vonderplantiz

 

「ウイルスは、単に有毒細胞の排泄物です。

ウイルスはDNAまたはRNAの断片であり、他にいくつかのタンパク質がある。

それらは細胞から出る。

その反応は細胞が毒されたときに起こるもので、病気の何の原因にもなりません。」

 ・・・・ Thomas Cowan MD

 

ウィルスが生物でない、という意味がこれで分かります。

 

 

ウィルスは原因では無く、結果だってことですね。

 

 

病気の人の身体を見たら、そこにウィルスってのがいた。

 

 

その状況証拠だけで、病気の原因に仕立て上げられた、えん罪です。

 

 

ウィルスが増殖しているように見える、ということは、つまり、身体が毒に素晴らしく反応したっていう事です。

 

 

とりあえず、ウィルス性の疾患といわれるものは、この世には存在しないってことです。

 

 

ウィルスに感染したいと願っても、それは無理だということ。

 

 

別の毒、そして気分によって、発症しているということ。

 

 

リーキーガットでウィルスが作られる、という説はかなり有力だと思います。

 

 

それに、別に病原なんて無くたって、目の前で、ゲロ吐かれたら、気分悪くなって、つられて吐くっていうのと一緒。

 

 

同調とかミラーリングとかっていうので病気に罹った気分になっている、という部分も、かなりを占めていると思います。

 

 

本人は本当に病気だと信じていれば、重症化だってしますよ。