未熟な自分を赦す | GREENS ひさよのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

GREENS ひさよのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪

ふと気付きがやってきた。


私、頭では人は死ぬまで未熟であると分かってる。
だから、出来なくたって分からなくたって良いんだと思っている。

けれど、深いところでは出来ない自分、分からない自分の未熟さを赦していなかった様だ。
自分に赦せないものは他人にも赦せない。
だから、私は厳しい人間だったと思う。
口で優しい事を言っていたとしても。

人間関係で摩擦が起こる時はいつもそこら辺が原因。

なんでこんなに潔癖なんだろうなぁ、、と自分の事を鬱陶しく思いつつ、先日気付きがやって来た。

私は、自分が出来ない事や分からない事が、他人の感情に触れてその人を別人の様にヒステリックに攻撃的にさせると言う経験を家族との間でしてきた。
その中で、私はダメなんだと言うセルフイメージも作ったけれど、それよりも深かったのは、私の未熟さがこんなに優しい人達さえも鬼の様に豹変させてしまう程の魔力を持っていると思ってしまったんだと思う。ちょっと大袈裟な言い方だけど。

自分の未熟さを、危険な地雷の様に思ってしまったんですね。

だから、怒っている人やヒステリックな人を見ると、私の地雷のせいなんだと感じたし、私が気を抜いて未熟な部分を見せれば、人の感情に触れてしまうガーンといつもいつもビクビクして生きて来たと思う。

うちの両親、ヒステリックでした😅
父はちゃぶ台ひっくり返す系(お茶碗飛んだり)&私には怒るとこわい母さえそれに怯える事で余計、修羅場的な印象を植え付けたっていうなんともおもしろい構図です。今思い出すと結構コントなんですけどね。。

時代もあると思うけど、子供が良く出来た子じゃないと恥、後ろ指刺される。自分達の責任。だからちゃんと教育しなければ。←これ、両親の恐れだったのだと思う。
私が勉強が出来なかったり、言う事を聞かなかったりすると、そりゃもう感情剥き出しで怒るわけです。ザ・ヒステリック!!

今や家族に対してはただのヒステリックだねと思えているけれど、自分の未熟さが危険な地雷だと言う思い込みはずっと残り続けていた様です。
そんな事ないのにね😅

はぁ😌

またこれに気付けたから、生きるのが少し楽になるだろう。そして、体の力も抜けていくだろう。

気付けて良かった❤️

人によっては、そんな事?って思うかもしれないけれど、私と似た経験がある人にとっては結構大きな気付きだと思ったので書いてみました。

皆さんにもありませんか?そんな風に間違ってインプットされてしまった記憶。
記憶の根本が変わると、似たような事柄に対する捉え方が変わってきます。
それにともなって、閉じていた体も開く。

京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシス®︎とジャイロトニック®︎というエクササイズを提供しています。

自分を制限していると体が縮こまる。決してエクササイズだけでは充分でない。
だから、自分の心の事も少しずつ理解しながらエクササイズしていくと、体の変化はより早くなると思います。

体を刺激する事で、こう言う気付きがやってくる事もありますよ。

だから面白いのです。

Instagram→こちら